スパム判定されていないのにアクセスが安定しないサイトはSEOが弱いのかもしれない

   2014/11/16

私が数年前に開設したあるサイトなのですが、昨年からアクセス数が安定せず、上がったり下がったりと不穏な動きを見せています。

アクセスの推移

一般的に、サイトのアクセスが急に激減した場合、検索結果からサイトがぶっ飛ばされたことを意味します。それは、検索エンジンのアルゴリズムの変更か、それともサイトがスパム判定されたか、何らかの理由があります。

ある有名なSEO研究サイトで、「急にアクセスが下がったら、あれこれ対策をせず様子を見ろ!」的なことが書かれていたので、とりあえず様子見。すると、先月あたりからまたアクセスが回復してきました。

ところが、昨日あたりからまたアクセス数が激減。1日70~100あたりのアクセスが、1日5~6程度にダウンしてしまいました。

アフィリエイトのためにサイト運営をしだしてかなりになりますが、このような現象に見舞われるのはこのサイトだけ。なぜかアクセスが安定しません。

アフィリエイトは複数サイト運営が鉄板

このサイトは、アフィリエイトをガンガンしているわけではないので実害はありませんが、やはり、アクセス数が不安定になるサイトは、何らかの問題があるように思います。

私のサイトの場合、SEOを全く意識せず、ひたすら記事を書いているので、アルゴリズムの変動に弱くなってしまうのかもしれません。

まぁ、ダメなものは特に期待せず、別のサイトを立ち上げれば良い話。気ままにサイトを運営していこうと思います。

それにしても、こんなことがあるからこそ、アフィリエイトは複数のサイトで勝負するのが大切なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。