はじめての方に – アフィリエイトとは何か?

   2014/11/13

アバウト

ホームページやブログなどに広告を貼って、そこからモノが売れれば収入になるビジネスです。

始める方法はシンプル。まずはホームページかブログを作ります。そして、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)と呼ばれる広告の仲介業者に登録をします。

ASPの審査完了後、広告主を探すことができるようになるので、掲載したい広告を選び、広告主に申請。それから、広告が貼れるようになるので、貼ります。これでアフィリエイトができます。

あなたが掲載した広告から成果が出れば、広告収入を得ることができます。ASP登録も、広告掲載も、無料でできます。

ホームページやブログも無料で作れますが、本気で稼ごうと思うと、無料ブログや無料のホームページサービスはオススメできませんが。

アフィリエイトでお金を稼ぐ手順

サイトやブログを作る

ASPに登録申請

審査をパスしたら広告を掲載

広告から成果が発生する

広告主に成果を承認される

成果確定の二ヶ月後に口座にお金が振り込まれる

アフィリエイトは儲かる?

アフィリエイトは誰でも簡単に参加することができ、無料(もしくはほとんどお金をかけない)でトライすることができるビジネスです。

一時期、サラリーマンなみに収入が得られる主婦が登場して、「誰でも・手軽に・儲かる」というイメージがアフィリエイトにはありました。

しかし、実態はというと、成功者はごく一部。とある調査によると、月1,000円未満しか稼げない人が大半、月3万円以上アフィリエイトで稼ぐのは参加者の3%という結果が。「大半の人が儲からない」という状態です。

まぁ、正直こんなものかなとも思います。私もアフィリエイトに参加して5年以上なりますが、簡単に上手くいく仕事ではないです。サイトを作って、人を集めて、日々サイトを更新して、地味な作業をコツコツ続ける必要があります。

しかも、アフィリエイトは独特の仕組みがあります。

サイトから売上が上がっても、それが広告主から承認されないと、売上はただの数字になります。実際売れたか売れないか、こちらは確認できず、広告主を信じるしかありません。(詳しくは承認率についてを参照)

小遣い稼ぎ程度ならそれほど難しくありませんが、月10万30万と継続的に売上を出して、儲け続けるには、かなりハードルの高いビジネスだと思います。

アフィリエイトのメリット

オーケー

とはいえ、

・初期費用がほとんどかからない(低リスクでネットビジネスを学べる)

・アイディア次第でサイトが不労所得化する

など、独特のメリットもあります。

普通、リアルの世界でビジネスを始めようとなると、それなりのお金が必要です。フランチャイズにしろ、自分でお店を持つにしろ、失敗したときのリスクも相当なもの。

しかし、アフィリエイトなら、金銭的な損失は、せいぜいホームページのサーバー代とドメイン代くらい。月額1,000円程度。

アフィリエイトがきっかけになればいい

仮にアフィリエイトがダメでも、人が集まるサイトを作ることができれば、他の手段で広告収入を得ることもできます。

趣味のサイトを作りこんで、そのサイトに人が集まるようになれば、アフィリエイトでなくても、企業に直接広告出稿の交渉をすることもできます。

プロブロガーに転身して独自の広告枠を作って稼いだり、youtubeなどの動画サービスを組み込んで、広告を掲載することもできます。サイトを作り、集客できる技術さえ身につけば、自分で商品を販売する側にまわることもできます。

アフィリエイトで10万単位の月収を得ている人が胴元にまわれば、収入を大幅に伸ばすこともできます。アフィリエイトでウェブビジネス経験を積めば、あとの方向性は自由自在です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。