アフィリエイトはその特性をいかして取り組む

 

21世紀、ウェブの台頭とともに登場したアフィリエイト。

一時期は、

「主婦でもかんたんに月収○円!」

「パソコンの電源も入れられなかった私が3000万稼いだ」

など、景気がいい言葉が並んだアフィリエイト本が出版されるほど、かなりのブームになりました。

アフィリエイト本

が、実際はというと・・・。

大半のアフィリエイターの収入は月1000円程度。「簡単に・手軽に・儲かる」という雰囲気とは逆に、「思うように稼げない・・・」という人が続出、「アフィリエイトは思ったより儲からない」というイメージが定着した感があります。

確かに巷で言われるよう、アフィリエイトは「1日○分、△するだけで☓万円儲かる!」ということは、まずあり得ません。

あるとしたら、既に儲かるサイトを持っている人だけです。既にある程度アクセスが確保できている成功したサイトなら、1日10分の作業×月5回程度の更新でも、月10万~29万稼げます。ただしそこまでのサイトを作るのにたくさんの時間と労力がかかります。)

実際には、アフイリエイトは構造上、収入が不安定になりやすいので、一時的に上手く言っても、継続して儲けていくためには、工夫や努力が必要になるでしょう。

通常のビジネスと同じように、急な売上のダウンや、取引先の資金回収トラブルなど、様々な問題が起こります。アフィリエイトも例外ではありません。

(例)アフィリエイトのリスクと問題点

・突然の報酬ダウンする可能性

・儲かる広告主が突然撤退するリスク

承認率というブラックボックスの問題

・検索エンジンからの集客に頼るリスク(グーグル先生の機嫌)

これらのリスクは、アフィリエイト独自の課題で、参加者にはどうすることもできない問題がほとんど。アフィリエターが積極的に解決することはできません。

つまり、アフィリエイトは外的要因によって成功が左右されるという側面があるビジネスなのです。

であるならば、アフィリエイトに取り組む場合、その特性を受け入れ、変えようとせず、アフィリエイト独自の特性にあわせた方法で勝負していくのがベスト。変えられないものは変えられないのですから、それはそのまま、受け入れいけば良いだけの話です。

そのために、アフィリエイターとして、何ができて何ができないのか、あらかじめ知っておくことは、大いに有益なことでしょう。

アフィリエイターがコントロールできないもの

草原

サイトを作り、文章や構成を工夫し、より反応率が上がるよう、サイトを調整していく。このような作業はアフィリエイターができることです。主に、サイトの作成及び運営、宣伝がアフィリエイターができる仕事です。

一方、アフィリエイト報酬額や、成果の承認など、報酬に関わるお金の問題は、アフィリエイター側がタッチできない分野です。この問題は、アフィリエイトビジネスの構造上、変えることは難しいかもしれません。

アフィリエイターの業界団体が出来たそうですが、少なくとも、承認率などの問題は、ここ数年では変わらないでしょう。)

商取引において、売買の金額や取引の額を決められないのは痛いですが、ダメなものはダメと、ドライに割りきって、自分の出来ることをしていくのが一番。

結果重視で、良い広告主を選び、どんどんピックアップしていきます。売れる(お客さんの選択)&承認率の良い広告を押していけばいいだけの話です。

(例)アフィリエイター側で変えることが出来ない要因と対処法

・広告主の入れ替わりが激しい

→特定の広告主にこだわることなく、柔軟に売れている広告主を押していけばいい

・成果が承認されない

→承認率の悪い広告主は外れはサクッと掲載停止して、売れている広告主を押す

・集客が不安定

→いくつもサイトを作る。1つのサイトにこだわらない。

アフィリエイトの良いところは、失敗しても実害がないところです。リアルビジネスの場合、事業に失敗すれば、お金はもちろん、精神的なダメージは測りしれません。

しかし、アフィリエイターが広告主に報酬のあれこれに口出しできない反面、サイトが失敗しても小銭とサイト作成の時間を失うくらい。広告主は事業が失敗したら大損ですが、アフィリエイターの場合、1つの広告主が撤退したとしても、すぐ次の広告主が登場します。

アフィリエイターはこの自由な立場を生かさない手はありません。手間と労力はありますが、作ったサイトが成功すれば、リスクよりリターンの方が大きくなるはずです。

もちろん、儲かるサイトを作るのが大変ですが、一度軌道にのれば、それほど労力をかけなくとも、安定的に収入が発生するのが特徴。なので、いかに収益が発生するサイトをたくさん作れるかが課題になります。

サイトを作る→売上発生→売れる広告とそうでない広告を分類→サイトを修正

このようにサイトをモクモクと作り上げ、付き合う広告主を選び、結果重視でサイトを運営していけばOKです。

アフィリエイトをしていれば、報酬額や成果の承認率など、様々な不満を経験することになるかもしれません。しかし、アフィリエイターは比較的自由な立場にいることを忘れてはいけません。その立場を活かして、一番ベストな選択をしていきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。