アフィリエイトの紹介文はこの三段階で

   2014/11/19

文を書く人

アフィリエイトの面白いところは、紹介文の書き方によって、リンク誘導率&成約率が変わってくるというところです。

アフィリエイトを始めて、よくありがちなのが、「コレがオススメです!購入しなければ損です!」というような、ウリウリの紹介文を書いてしまうケース。

ユーザーからすれば、「何らかの情報」を求めてあなたのサイトにアクセスしていますし、人間誰しも、ウリウリサイトは見たくないのが心情ではないでしょうか。

頑張って油ぎった文章を書いても、もしかしたら、アフィリエイトの成果は発生しないかもしれません。

では、どうやってアフィリエイトの紹介文を書けば良いのでしょうか?

「売るための文章を書く」というと、何か特殊な技能が必要なように思いますが、そんなことはありません。独学でも、次の基本原則を押さえた方法で文章を書いていけば、売れる文章を書くことができます。

アフィリエイト紹介文を書くための3ステップ

1・問題提起

2・解決方法の提示

3・プッシュ

まず大切なのが、問題提起です。ユーザーが困っていることを想像して、「こんなことに悩んでいませんか?」と提示することです。

例えば、ダイエットの案件。

「太っているから痩せたい」という悩みを持つ人が、ダイエットのサプリなどをネットで検索します。そのようなユーザーに、「体重のことで悩んでいませんか?」と問題を提起します。自分の体重に悩む人は、それに反応してくれます。

そして、次に大事なのが、「あなたの問題を解決するための手段がありますよ」ということをユーザーに提示することです。ダイエットの商品を使うことで、キレイにやせられて、スマートな体型になれるかもしれない。ここをきちんとPRします。

最後に、商品の良さ、事実を、具体的にユーザーに教えて上げる(プッシュ)ことで、アフィリエイトリンクのクリック率がアップします。

つまり、アフィリエイトで紹介する広告は、ユーザーの問題解決の手段で、アフィリエイトの紹介文を書く場合は、ユーザーが何の問題を抱えていて、どんなことに不満を持っているのかを、想像して文章を書くことが大切です。

株や為替、語学教材、人材派遣、サプリメント、アフィリエイトできるジャンルはあり、それぞれ、業界によって商品は異なります。しかし、人が商品を購入する動機や心理、売るための考え方は、業界を問いません。

ネットで商品を探しているユーザーには、何らかの悩みがあり、それを解決する手段を探しています。

そこで、我々アフィリエイターが、ユーザーが悩んでいることに対して、「この商品がいいですよ」と提示できれば、納得して商品を購入してもらうことができます。

アフィリエイトの仕事の根本は、ユーザーの問題、悩み(もしくは欲望)を解決できる商品をユーザーとマッチングさせてあげることです。

ユーザーの欲求を満たすことで、我々アフィリエイターにも紹介料という報酬が入ってくる。これがアフィリエイトの原則です。

大切なのは、ユーザーの欲求を満たすことです。そのために、ユーザーがどのような問題で悩んでいるのか、どんな悩みがあるのか、どんな欲を持ち検索エンジンに文字を打ち込んでいるのか、想像することが大切です。

人材派遣、投資、語学、ダイエット、あなたがアフィリエイトしようとしているジャンルがどれであれ、ユーザーの欲求を満たしてあげること。そのために必要な情報を提供すること。

これが、アフィリエイトの紹介文作成の大切なポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。