アフィリエイトは孤独と克己心の戦いだ

   2014/11/17

海辺でバカンス

アフィリエイトの良いところは、自分のペースで仕事ができるところです。

売上が出るサイトさえ作ってしまえば、1回1時間×週2回の更新作業でも、月10万~30万円の収入を得ることが可能です(そこまでサイトを作り込むのに時間がかかりますが)。

このため、一度アフィリエイトで上手くいくと、ほとんど仕事をしなくても、収入を得ることが可能になるのですが、ここがアフィリエイトの危険なところでもあります。

成功したサイトを作ることができれば、テレビを見てダラダラしていても、旅行に出かけてサイトを更新しなくても、自動的に収入が入ってくる。

この状況で油断をしてしまい、次の一手を打てなくなってしまうことが多々あります。

アフィリエイトは意志力が必須

稼ぐサイトが出来ると、ついつい油断して、怠け癖が出てきます。サイトを更新しなくても、ASPにログインすれば、未確定報酬が発生している。毎月15日になると、ASPから報酬が銀行口座に振り込まれる。

こんな生活が続くと、「今の調子で、遊んでいてもお金が自分の口座に振り込まれる(´∀`*)」と錯覚してしまいます。お金が稼げて生活できるので、何をしていても、誰から文句も言われませんし、好きなことがいつでもできます。

しかし、この状況が実はヤバくて、実際にアフィリエイトで生活していくためには安穏としていられません。

1つのサイトが上手くいった時点で、他のサイト作りを始める必要があります。アフィリエイトサイトからの収入は不安定であり、今の成功がいつ終わるか分からないからです。

ただ、今順調にいっていると、ついつい怠けグセが出てきて、サイト更新や新しいサイトの作成が面倒になってきます。

1つのサイトが上手くいった段階で、次のサイトをまた作り稼ぎを安定させていく必要があるのですが、アフィリエイトは人から仕事を強制されないため、自分で意志を持って仕事をしないと、ダラダラと、堕落への道へ堕ちていくリスクがあります。

アフィリエイトを仕事としてやっていくために

もともと、アフィリエイトの作業は基本一人。晴れの日も雨の日も、淡々と一人で作業をする必要があります。誰からも何も指図されない分、怠けようと思えば、いくらでも怠けることができます。

ただし、その結果の責任も、自分一人で背負うことになります。

だからこそ、1つのサイトが上手くいっても、「この状況では安心できない。いつ収入がなくなるか、分からない」と、自分の中の不安を煽る必要があるのかもしれません。

アフィリエイトの場合、新規サイトを立ちあげて、そのサイトが上手くいくまで、時間がかかります。だからこそ、稼ぎ頭のサイトがダメになったら、とたんに収入を失う危険があります。

自由に仕事ができ、誰からも指図されず、毎日を自分でデザインできる。この良さを実感できるのは、アフィリエイトで上手くいっている間だけ

一人で好き勝手できる分、その自由を維持するために、「次のサイト、次のサイト」と、自分を克己し、現状をより良くするための労力を惜しまないようにしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。