知らないと損をする!アフィリエイト広告主の選び方

   2014/11/13

悩む男

アフィリエイトで収入を得るには、実際サイトを作って、いくつかの広告を掲載してみるのが一番です。そのなかで、<成果が出やすく承認率の良いホワイト広告主<と、承認率の悪いブラック広告主などが明らかになってきます。

成果の発生率、承認率などを考慮して、広告の露出度を調整していき、優良広告主を全面にアピールしていく。これが王道的な手法かもしれません。

とはいえ、この方法の欠点は時間がかかることです。どの広告主が優良で、どの広告主がダメなのか、掲載してみないことにはハッキリと分からないのが実情です。

A8で稼ぎだせばこの問題はほぼ解決します。)

サイトを作り、広告を掲載する。そこで成果発生まで時間がかかる。「力を入れて宣伝した広告主が成果承認されないブラック広告主だった・・・」なんて経験、あなたにもあるのかもしれません。

そこで、広告を掲載するさい、ある程度「この広告主なら大丈夫だろう」という見極めが必要になってきます。もちろん、再三このページで書いているように、どの広告主が優良で、どの広告主がダメなのか、掲載してみないことには断言できません。

ただ、ダメ広告主には提携前にある程度見極めできるポイントがあります。それは次の3点です。

1・会社自体の評判があまり良くない

2・頻繁にプログラムの再開と中止を繰り返している

3・成果確定の条件が異様に厳しい

以下、詳しく見ていきます。

会社の評判があまり良くない

繰り返しますが、アフィリエイトの承認率に関しては、「これが正しい!」という絶対法則はありません。

ただ、私が5年以上アフィリエイトに取り組んできて感じたことは、「会社の評判と承認率はある程度リンクしている可能性が高い」ということです。

具体的には、次のような傾向がある会社は、私の経験上、成果の承認率がよろしくないことが多いです。

・グーグルで会社名を検索したときに悪いワードが出る会社

(例えば「会社名+ブラック企業」、「会社名+詐欺」など)

・過去に行政処分を受けている会社

・ニュースで不祥事が出た会社

・上記の会社の関連企業

私が提携していたとある広告主の話です。その広告主は高額の報酬設定がされている案件で、1件当たりの報酬が1万円の成果になります。

あるとき、こちらのSEO対策が功を奏し、1月で30件もの成果が発生しました。予定報酬は30万です。

ところが喜びもつかの間、成果が全てキャンセルされました。キャンセルの理由を問い合わせても無視され、ASPに問い合わせてもこちらが納得のいくキャンセル理由は得られませんでした。

不審に思い、その会社名をグーグルで検索すると、その会社(もっと言えばその会社系列全体)があまり評判のよくない会社であることが分かりました。

ネットでの情報とはいえ、侮ることなかれ。黒い噂が出ている会社というのは、それなりの理由がありそうです。

そこで、アフィリエイト広告主を選ぶときは、

・会社名を検索し、ネガティブワードが出ていないかチェックする

・「会社名+アフィリエイト 承認率」で検索し、万が一良くない情報があれば、提携を見送る

これらの対策をオススメします。

頻繁にプログラムの再開と中止を繰り返している

次のポイントですが、これは業界内で有名なブラック広告主の典型的な特徴です。これはアフィリエイトの仕組みを悪用した超絶ブラックな手法です。この手の広告主の案件は、まず利益になりません。

アフィリエイトは、お客さんが広告をクリックし、一定期間の間にアクションを起こせば、成果が発生する仕組みになっています。(クッキーのことです。)

このクッキーのおかげで、アフィリエイターは利益を得ることができます。

しかし、悪い広告主は、広告出稿→すぐにプログラム中止→再開という方法で、クッキーを無効化します。

特に、高額商品の販売は、即決で売れることはマレで、購入者は何度も迷い、アクションを起こします。

クッキーが効いていれば、高額商品でも売れますが、悪質広告主の場合、このクッキーの仕組みを悪用して、アフィリエイター側に利益が出ないように細工をするのです。

アフィリエイト側からすれば、サイト作り、ページを作り、そこに広告を掲載して、成果が出るのを待つわけですが・・・。広告を掲載するムダ、ページを作る手間、これらの努力がことごとくムダになります。

成果確定の条件が異様に厳しい

最後の1つですが、これはアフィリエイトする前に比較的見抜きやすいポイントです。広告主と提携する際、契約条件(否認条件)を確認することです。

簡単に言えば、成果の確定条件が複雑な広告主は「承認率が悪い傾向にある」ということです。

・エステの案件で無料体験登録後○日以内に来店、XXしたら△円の報酬

・FXの案件で無料口座開設後、○円入金、その後1ヶ月以内にXX回以上の取引で△円の報酬

・弁護士などの士業系の案件で、相談申込みフォームからの新規申込後の相談かつ、30日以内の電話又はメールでの本人確認及び相談で△円の報酬

このように、成果確定の条件が2つ3つと複雑になっている広告主は、1件あたりの報酬額が高めなものの、承認率が低いことが多く、実際はそれほど儲かりません。承認よりキャンセルされることの方が多いのが特徴です。

加え、「商品購入の○%が報酬」という広告主でも安心はできません。物販系の広告主でも、アフィリエイト報酬を支払う意志のない広告主も存在します。

以下、私が経験した承認率の悪い物販系の広告主の契約条件です。

・クレジット決済にて購入された場合は成果をキャンセルします

・電話での注文で購入された場合は成果をキャンセルします

こういう広告主に限って、ランディングページの上部や「購入はこちら」の文字下に電話番号がどでかくのっていたり、「クレジットカードでお得になります!」などの文言がチャッカリのっています。

これは、「アフィリエイトには報酬を支払いたくありません」という広告主側の意志表示なので、そのような広告主と提携しても、ボランティアになるだけなので注意が必要です。

もう1つだけ情報を付け加えると

注意

あと、私が個人的に「承認の理由があやしいな」と感じている広告主のことです。

承認率に関してかぎりなく黒に近い灰色というところですが、一応、このことを書いているサイトはあまりないので、ここに書きます。それは、「複数のASPに出稿している広告主は承認率が悪くなる傾向にある」ということです。

とある広告主の話です。

「弊社はアフィリエイターのみなさまのおかげで支えられています!利益はアフィリエイターの皆様に還元します!」

最初は、「お、優良広告主かな」と思って、その会社の広告を掲載しました。掲載して1年ほど、承認率も良く、売上も良かったのですが、しばらくして、急激に承認率が悪くなりました。

掲載1年・・・承認率90%、平均単価5,000円ほど

掲載2年・・・承認率66%、平均単価3,000円ほど

掲載3年・・・承認率30%、平均単価測定不能

こちらの広告主、ジャンルは物販で、承認品購入金額の15%が報酬額です。

このように、急激に承認率が下がってきて、ひどいときは成果発生翌日にキャンセルが。さすがに「おかしい」と思い、広告主に連絡したところ、このような返事が。

「○○様
△△(広告主の会社)のXX(担当者)です。

平素はご協力頂き、誠にありがとうございます。

お問い合わせいただいたキャンセルですが、成果報酬の重複によるキャンセルとなっております。

今回のケースは、他社のアフィリエイトサービスと成果が重複する場合に該当しており、やむを得ず他社の成果を採用させて頂き、成果をキャンセルさせて頂きました次第です。」

つまり、「複数のASPに広告出稿していて、そこで成果が重複したためキャンセルにした」という主張です。

そこで、あらためて私が登録しているASPにログイン、チェックしていたのですが、確かにこの広告主は、複数のASPに出稿している様子でした。

加え、この広告主は結構多くのアフィリエイターが露出度を高めているので、競争も激しいのかもしれません。

このことから、複数のASPに出稿している広告主+ライバルが多い広告主は、クッキーの関係上、承認率が下がるものと思われます

まぁ、いずれにせこの広告主の承認率は同業他社の案件に比べて承認率が低いので、正直納得いかないのですが。)

いずれにせよ、承認率が悪い(ただしEPCが良ければ話は別)という事実は変わらないので、このような広告主はベンチ入りさせた方が無難だと思います。

最後に承認率のよい広告主の契約条件をチェックしてみると

基本的に、「え、どういうこと?」と考えてしまうような、成果の確定・条件が複雑な広告主は承認キャンセルのリスクが高いです。

逆に、成果の確定条件や成果否認の条件がシンプルなところは、承認率が高かったです。

・成果条件→商品購入

・成果否認→いたずら、未入金、返品、リスティング

このような感じで、シンプルで分かりやすいです。成果条件の分かりやすい広告主は、単純に商品を売れば、ほぼ承認(85%~100%)されます。

ただ、シンプルで分かりやすい成果条件にも関わらず、成果発生全キャンセルしてくる広告主もいます。アフィリエイトの成果は全キャンセル。しかも、その広告主のサイトを見ると、「悪質なアフィリエイターに注意!ネットのランキングは信用できません!」などアフィエイターの悪口を堂々と書いていたりします。

広告主としてアフィリエイトを利用し、意図的に成果をキャンセル扱い。しかも、「アフィリエイトサイトは信用できません」とサイトに書いておいて、自身はアフィリエイトのシステムを悪用している。このようなブラック広告主がのさばっている問題、ASPはどう考えているのですかね。自浄作用を期待したいのですが。

この広告主はASPから出稿禁止を食らったのか、事情は分かりませんが、アフィリエイトから完全撤退した模様です。)

話がそれましたが、この業界、「黒い」広告主がいるということを知っておいて損はないです。

通常の広告主なら、成果はきちんと承認され、キャンセルはほとんどありません。とある広告主は、提携して5年以上なりますが、成果発生すべてが承認されています(高額商品、売った商品100件以上でほぼ全承認されています)。

ちゃんとアフィリエイターを優遇してくれる会社もありますので、そのような広告主を応援したいと思います。

儲かる広告主とそうでない広告主。かける労力が同じでも、得られる結果は天と地ほどの差があります。アフィリエイターの努力を、成果承認というカタチで認めてくれる、優良広告主をメインに、アフィリエイトしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 高橋 恵 より:

    はじめまして。

    色々と検索していたらこちらにたどり着きました。

    とても参考になる情報がたくさんあってありがたく思います。

    他のページから来たのですが、まさしくこのパターンに最近遭遇しました(o`Д´o)ノ

    8割くらいあった承認率が特別単価をもらった途端に3割弱になったり、いたずらが多いから遅れているという理由で3ヶ月も承認されなかったりしました。

    どう考えても意図的としか思えなかったので広告を外しましたが、最初は良くてもブラックになる広告主っているんですね。

    これからも良い情報を発信していただけるよう期待しています(*^_^*)

    • 管理人 管理人 より:

      高橋さん

      コメントありがとうございます。

      <8割くらいあった承認率が特別単価をもらった途端に3割弱になった 「承認率、おかしくない?」というときがありますよね。承認されない広告を外すしか、 私達アフィリエイターには対策がないですが、難しいですよね。 <これからも良い情報を発信していただけるよう期待しています(*^_^*) ありがとうございます。このブログが参考になれば嬉しいです。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。