アフィリエイトするならスパマーにならないように注意したい

   2014/11/14

迷惑は禁止

アフィリエイトをしていると、いわゆる「ノウハウ」に関する情報をチェックすることが多いと思います。

メルマガやブログ、他のアフィリエイターさんの活動は、勉強になることも多く、参考にさせてもらってます。

が、中には、ウソの情報でアフィリエイターを釣ったり、役に立たない高額商材誘導のためにスパムをする人もいますので注意が必要です。

最近は私のメルアドにこんなスパムメールが届きます。「え、どこから私のメルアドや名前を手に入れたの?」という感じですが、個人データをやりとりしている人がいるようですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
期間人数限定公開です。とにかく◯◯(私の名前)さんの目で
確認して下さい。

● 2013年6月 12,395,817円 を叩き出したサイト作成方法
期間人数限定公開です。
(これで間違いなく差別化されたサイトが作れます!)

⇒ http://(スパム商材のURL)

※個人で1200万円の売上をあげている方法です。
これを企業が本腰入れて取り組んだら・・・
もしくは△△(商材作成者と思われる人の名前)さんに御社の販促を
お願いできるパイプが構築できたら・・・

今年最大ウルトラド級のノウハウです。
因みに△△さんの軌跡
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このメールを送ってきた方は、いわゆる「情報商材アフィリエイター」というタイプの方で、「◯◯すれば儲かりますよ」と、バカ高い商材を売ってアフィリエイト収入を得るタイプの人です。

ただ、この業界の方は一般の人から嫌われまくっていて、このジャンルのアフィリエイトをしている人は、通常のアフィリエイターや一部のASPから「要注意人物」として警戒されています。

その理由ですが、

・商品が詐欺まがい
・スパムメールを送ってくる(これ、法律違反です)

という具合に、人から嫌われることをするからです。

犯罪に近い位置にいるので、まっとうな人たちからは関わらないよう距離を置かれていると言った方がいいかもしれません。

なぜこのようなスパマーがいるのか?

それは、多分、メールアフィリエイトを押している人たちの方法を真に受けて実践しているアフィリエイターが多いからなのかもしれません。

アフィリエイトのノウハウのなかに、

1・見込み客を集めるためにユーザーにメルアド登録してもらう

2・ある程度メルアドが集まったら、そこにアフィリエイトリンクを貼りメールでアフィリエイトする

という手法があって、アフィリエイトの中では、成功者の多いやり方です。

ページを作ってSEO対策、売上が上がるのを待つサイトアフィリエイトとは違い、自分から積極的に攻めていくのがメールマガジンを活用したアフィリエイト。

「これいいですよ」とお客さんに直接PRできるのがメールアフィリエイトの強みでしょうか。

ただ、メールでアフィリエイトする前提として、

メルアド収集の手段がきちんとメールアドレス登録者の合意のもとに行われている
・インチキでない商品を紹介する。

というルールを守ることが必要なのですが、メールアフィリエイトは受信者の意に反したスパムメールを送ってくる人が多いです。

お金で人のメールアドレス情報を買って、メルアド所有者の同意のない、違法な手段でメルアド収集してスパムメールを送ってくるパターンです。

メール受信者の同意がないのに迷惑メールを送る行為は違法ですし、下手をすれば裁判沙汰になります。

ちゃんとアフィリエイトしていれば、そんな迷惑行為をしなくても、結果は出るのですが。

お金に魂すべてを売った人たち

胡散臭いアフィリエイトはどんなに儲かるように思えても、避けた方が無難です。スパマーは嫌われますし、犯罪行為ですので。

もちろん、「お金が欲しい」と思うのは人として当然。でも、そのために人としての品格を捨てる必要はありません。お金のために魂を売るのは半分でいいと思います。

まぁ、儲けたいがため、人に迷惑をかけるやり方や、犯罪行為に該当するような強引なやり方をして成功しても、結局そのツケを支払うことになりますが。

アフィリエイトをするなら、まっとうなやり方が一番です。「儲けたい」という欲望が強すぎて、無意識にスパマーにならないよう、気をつけたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。