広告主にキャンセル理由を問い合わせた

   2013/05/22

問い合わせ

こちらの記事で書いていた話の続きですが、新規に掲載した案件から発生した成果が2件、全てキャンセルされました。早速、キャンセル理由を広告主に問い合わせましたが、どうなることやら。

わざわざページを追加して商品を宣伝したのに、発生した成果がキャンセルされると、悲しくなりますね。

アフィリエイトは成果を発生させるだけでは収入にはなりません。発生した成果が、広告主によって承認されてようやくお金になります。

○関連記事

アフィリエイトの広告主は承認率が何より重要

ところが、この「承認」というのがクセもので、アフィリエイトの成果の承認は広告主に決定権があります。そのため、広告主によって稼ぎやすさが変わってきます。

頑張って商品を宣伝した努力が報われる場合と、そうでない場合があります。)

アフィリエイトの承認率は同じジャンルでも、広告主Aの承認率は90%に対し、広告主Bの承認率は10%など、広告主によって承認率のバラつきが多いのが特徴。アフィリエイター側としては、売っても承認されない広告主は基本掲載を辞めるくらいしか対処法がありません。

今回は、紹介で掲載した新規の案件のため、今後掲載を続けるかどうか、しばらく考えたいと思います。キャンセル理由の問い合わせがスルーされたら、掲載停止のつもりですが。

経験上、まともな広告主の場合はきちんとキャンセル理由を問い合わせたらリプライがありますので、それで掲載の継続or提携解除を判断しようと思います。

キャンセルの理由を問い合わせても返信のない広告主は、私の経験上、承認率も怪しいものがあります。)

それにしても、本当に新しい広告主は当たり外れが大きいです。

ある広告主は「高単価・高承認」で新しい稼ぎ頭になりましたが、ある広告主は「儲からない・承認されない」のブラック広告主。アフィリエイト提携する前に、高い確率で良い広告主を見分けることができれば良いのですが。

いずれにせよ、承認率の問題は難しいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。