相互リンク終了のお知らせ

   2014/11/14

握手不成立

かつて、アフィリエイトサイトのアクセスアップといえば、相互リンクによるリンク交換が定番でした。

アフィリエイトサイトのフッター部分などに、相互リンク1・2・3というようにリンク集を作り、ある程度サイトを掲載したら、相手の運営者に相互リンク依頼を出す。これによって、結構なSEO効果となり、アクセスを集めることができました。

しかし・・・。

いつ頃からか、「相互リンクは効果ない、やばい」と言われ始め、そしてとうとう、グーグルが正式に声明を発表。「相互リンクページを作成してリンクを集めるのは黒だ」と宣言しました。

「検索結果でのサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンク プログラムの例」として、「過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること」が挙げられています。

つまりは、相互リンク1・2・3のように、リンクのためだけにページを作るのはダメ、ということです。これは、「相互リンクのためだけにページを作るのは、スパム判定を受けるリスクが出来た」ということを意味します。

今までと同じ感覚で、相互リンクをしてアクセスを増やすことは、もはや時代遅れということでしょうか。

正直私も相互リンクをしていない

まぁ私も最近は相互リンクをしていなくて、このサイトでもリンク集ページは作っていません。私がアフィリエイトを始めた2007年頃はアクセスアップのためにリンク集めに励んでいたものでした。

しかし、近年は相互リンク詐欺をはじめ、面倒に感じることが多くなって、今では相互リンクの依頼が来ても、ほとんどスルー。実験で立ちあげたサイトが、相互リンク0で1日100アクセス稼げたのを機に、リンク活動は一切辞めました。

そのサイトは記事を書いて、情報量でアクセスを稼ごうと決めたサイトだったので、きちんとした記事を作れば自然とアクセスを集められると確信しました。

アフィリエイトの場合、1日100アクセスあれば、大体成果が発生しますので、余計なアクセスアップ対策は必要ありません。

1日100アクセスあって、利益が出ない場合、サイトに何らかの課題や改善点があります。)

やはり、コンテンツありきでサイトを充実させていくのが、アフィリエイトの王道かつ最高のアクセスアップ戦略になるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。