記事数の少ないサイトはアクセスが伸びない

   2014/11/16

パソコンを見て驚く男

2013年に、新規サイトを立ちあげてあれこれデータを調べていました。グーグルアナリティクスでアクセス数、PV数をチェックしてみると・・・。

・サイトA(2013年夏公開)

→記事数およそ250

→1ヶ月あたりのPVおよそ4000、2500アクセス、平均PV1.5

・サイトB(2013年夏公開)

→記事数およそ100

→1ヶ月あたりのPVおよそ600、月間200アクセス、平均PV3.0

・サイトC(2013年夏公開)

→記事数およそ70

→1ヶ月あたりのPVおよそ120、月間アクセス20、平均PV6.0

という結果になりました。

2014年1月時点)

サイトをネットにアップロードして、およそ半年。

一番アクセスが伸びたのが記事数の多いサイトということで、やはり記事数の多いサイトほどアクセスが伸び、記事数の少ないサイトは全然アクセスが集まりませんでした。

個人的には、最近のグーグルは、ある程度の記事数(情報量)がないと、サイトを弾いているような気がしています。記事数が200を越えた当たりで普通に評価されるようになると感じるのは、気のせいでしょうか。

まぁ、すごい人は、ページ数の少ないペラサイトでも、検索で上位を獲得されているようですが、私の場合は、コツコツサイトを作りこんでいくのが一番のようです。地道に記事を増やしていこうと思います。

2014年末追記

実験的に5ページほどの小さなサイトを立ち上げ、1ページ当たり2,000~3,000文字程度のサイトを作りました。

時間はかかりましたが、その小さなサイトから成果が発生。アフィリエイトの成功は、単純にページ数だけではないようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。