2014年 アフィリエイトの目標

   2014/11/16

迎春

明けましておめでとうございます。

今年は、アフィリエイト以外に、いろいろやりたいことがあるので、新年早々、いくつかサイトを作って、集中的に作業をしていきたいと思っています。

2014年、今年一番挑戦していきたい分野が、グーグルアドセンスと、Amazonアフィリエイトです。

今までは、ASPアフィリイトのなかでも、イマイチな結果しか出せていませんでしたが、個人的にはとても可能性を感じているアフィリエイトでもあります。

グーグルアドセンスは広告を貼るだけで、好きな記事、ジャンルに関係ない好きなサイトを作っていけること。Amazonアフィリエイトは私の好きな読書を中心にアフィリエイトでき、趣味と実益を兼ねられること。

どちらのアフィリエイトも、サイトのジャンルにとらわれず記事を書くことに労力を集中できるところが魅力的です。

ということで、今年は1つのプランとして、明確に目指している方向があります。それは、従来のASPアフィリエイトとは違う、サイトを活用した作家的な活動です。

ウェブサイトを1冊の本とみなして、1サイト200記事を目安に、1冊の本を書くつもりで記事を書いていく。そこに、グーグル・アドセンスやAmazonを貼っておく、という方法です。

今までは、

「ASPにログインして広告主をチェック→報酬単価を調べる→儲かりそうかどうかを検討→そのジャンルのサイトを作る」

という感じで、広告主ありきのアフィリエイトをしてきました。しかし、これだけでは、インターネットの可能性のほんの一面に過ぎません。

ネットの世界では、サイトをアップロードして、それが誰かに評価されれば、アクセスやPVを集めることができます。

アフィリエイトのように、テーマを絞らず、前例に囚われずウェブサイト制作、収入を稼ぐ可能性を追求していくこと。これが今年の個人的目標です。

このテーマは、文章業で生計を立てたい方、作家を目指す方に参考になる内容だと思うので、次の記事でもう少し詳しく書いていこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。