アフィリエイトを長く続けていくために大切な「なぜ」を考える習慣

考える美女

アフィリエイトをしていると、

・たまたま掲載した広告が大ヒットして儲かる。

・特に露出強化していないのにある広告主だけやたらと売れる。

・獲得件数は異常に多いがなぜかキャンセルが多い。

など、いろんなことがあります。

儲かったとき、キャンセルの山で涙を飲むとき、アフィリエイトに取り組んでいく上で大切なことは、儲かった儲からなかったという結果より、「なぜ」そのような結果になったのか、自分なりに分析することだと実感しています。

結果を出すために必要な「考える」経験

アフィリエイトは成果報酬型のビジネスのため、ある意味結果が全てです。

しかし、結果が出る前には要因があり、原因があります。そこを自分なりに考えて、「こうしたらこうなるのではないか?」と推測、それをもとにアフィリエイトしていくことが、最終的には結果につながるものだと思います。

偶然ヒットした広告があれば、なぜそれが売れたのかを考えてみる。

サイトの目立つ位置に掲載していないのに、やたらと売れる広告主があれば、なぜ目立せていないのに売れるのかを考える。

やたらとキャンセルが多い広告主は成果確定の条件をチェックしたり、広告主のランディングページをチェックしてみる。

このような作業は、人から教えてもらうことはなく、自分で考えて実行していく作業になります。

すると、「こうすれば儲かるのではないか?」と自分流の勝利の方程式が、徐々に身についていきます。すると、アフィリエイト収入が安定してきて、結果的に、長くアフィリエイトで儲けることができます。

不思議なもので、広告主を選ぶときも、ランディングページをチェックするだけで、「これはいけそう!」or「これは厳しいかも」というような感覚が生まれてきます。

アフィリエイト作業をしつつ、「なぜ」を考えていくことで、経験が蓄積され、それが収入に反映されていきます。実力が高まれば、稼げるチャンスがアップする。

まさに実力主義ですが、実力をつければ、自分の努力で稼げるようになる。この点は、アフィリエイトならではの良いところだと思います。

「なぜ」を追求し続けること

アフィリエイトで結果を出すためには、サイトを作って広告を掲載、そこに人を集めてアクションを起こしてもらうこと。非常にシンプルです。

しかし、

・売れるサイトにするためにはどんなレイアウトにすればいいか?

・どんな記事を書く必要があるのか?

・どんな広告を掲載すればいいか?

など、考える作業がたくさんあります。

考えて作業をして、そこで結果が出ないなら、「なぜ儲からないか、儲かるようになるためにはどうすればいいか?」を考え、試行錯誤していくことになります。

注意したいのは、脳死的にアフィリエイトしないことです。

試行錯誤するにも、同じような作業を繰り返しやるだけでなく、より良い方法を探求し、工夫していくことが大切になります。だからこそ、「なぜ」という質問は、アフィリエイトで稼ぐため、とても大切な質問になります。

稼ぐための第一歩は、作業をしつつ、「なぜ」を追求していくこと。

原因を考え、上手くいかない理由を潰す。そして、上手くいくようサイトを調整していく。1ヶ月3ヶ月6ヶ月、この試行錯誤を続けていくことで、長くアフィリエイトを続けていくことができるのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする