『3行で儲かるアフィリエイト』の読書感想

本屋に行くと、『3行で儲かるアフィリエイト』という本を発見。

「1日30分 短い記事を書くだけで月10万円!」という帯につられ読んでみることに。

内容ですが、ブログを量産して稼ぐ量産タイプのアフィリエイト本。

「ブログを開設→1日数行程度記事を書く+最後にアフィリエイトリンクを貼る→このようなブログを量産する」

という方法で、月10万稼ぐやり方だそうですが・・・。

以下少し辛口です。

アフィリエイトが嫌われる理由

一通り本を読んでみましたが、ともかくユーザーにリンクをクリックさせて稼ぐ、一昔前に流行した楽天アフィリの手法を思い出しました。

確かに、ユーザーにアフィリエイトリンクを踏んでもらうのは重要なこと。

ですが、無意味な数行程度の記事を数任せに書いていくこのブログのやり方は、「このやり方はどうなの?」と思ったのが正直なところ。

1ページ数行程度のブログを量産しても、やりがいもなにもないですし、何よりアフィリエイトのイメージを悪くする原因になると思います。

最近、知識のあるネットユーザーは、アフィリエイト目的のゴミサイトにうんざりしていますし、不要にリンクをクリックさせられるのは、どのユーザーも気持ちは同じはず。

アフィリエイト嫌いの人となると、アフィリエイターに報酬が入らないよう、商品を買うときも意識しててブラウザの設定をいじっている人もいます。

なぜこういう人が出てくるかというと、内容のないコピペサイトにアフィリエイトリンクを貼ってるダメブログが増えていることや、質の良くないアフィリエイトによって検索結果を荒らされて損しているユーザーの怒りがあると思います

アフィリエイトは、ユーザーの変わりに情報を調べたり、分かりやすくまとめることで対価を得る仕事。

報酬目的に騙しのようにリンクを貼ったり、誰にもメリットにならない無意味なブログを量産するやり方は、正直ネットでお金を稼ぐプロになろうとするなら、稚拙すぎはしないでしょうか。

ひどい例だと、誰かのブログを丸パクリしたり、広告主のサイト丸写し+素材をパクるひどいアフィリエイターもいて、こういうアフィリエイターによって、ネットユーザーからアフィリエイトの印象が悪くなるわけです。

もっと言うなら、このようなパクリアフィリエイター、ゴミサイト量産アフィリエイターの存在が、まじめにアフィリエイトをする人の不利益になっています。

買う人も報酬を得る人も満足するアフィリエイトの姿

ではどういうやり方がアフィリエイトとして王道なのか?

最近、数万円のカメラを買ったのですが、そのカメラはあるアフィリエイトサイトのリンクを踏んで買いました。

なぜそのサイトからアフィリエイトと分かってリンクを踏んだかというと、「こんなサイトこそアフィリエイトのあるべき姿ではないか!」と感じたからです。

そのサイトは、商品の説明を写真付きでぎっしり解説、こちらが知りたい情報も、分かりやすくまとめてありました。商品を買おうという人の目線に立って、ページに必要な情報がばっちり。

知りたいことがまとめてある。商品のポイント、マイナス面、必要な情報がきちんと整理してあり、商品を客観的に「紹介」してある。

商品を調べている私としては、「分かりやすく情報を教えてくれてありがとう、安心して買えます!」という気持ちに。商品の情報を分かりやすく&詳しくまとめたアフィリエイターは報酬をゲット。

商品を買うユーザーと商品を紹介するアフィリエイター、両者とも満足。これが、アフィリエイトのあるべき姿だと思います。

話が飛びましたが、「『3行で儲かるアフィリエイト』に書かれているやり方で上手くいくんだ!」と勘違いして、ゴミブログを量産する人が増えないことを祈りたいものです。

この本に書いてあるとおり、無料ブログのアカウントを取得して、数行程度のゴミブログを量産すると、スパムとしてアカウントが凍結されますのでご注意を。)

一応、良いところも

以上、辛口にこの本を批評しましたが、勉強になる内容もあります。

アフィリエイトは自営業で、パソコン1台あれば、どこでも仕事ができる。

社会的立場関係なく仕事ができ、結果は自分次第。精神的に負担をかけず、お金を稼げる。

P4~6

この話にウソはありません。

また、

ブログは3カラムより2カラム。ユーザーがどうしたらクリックしやすいかを考えてデザインを選ぶ。

P120~121

など、「短い文章を書いて、ブログを量産する」という手法以外は、分かりやすくアフィリエイトのことを勉強できます。

アフィリエイトの良いところや可能性についてもきちんと触れていますし、アフィリエイトを始めてみるきっかけにはなるかも。

初心者向けに、パソコンの選び方からアフィリエイトのための情報収集のやり方も書いてあるので、初級者の方には、参考になる内容が見つかると思います。

「アフィリエイトってどんなもの?まずはブログで始めてみるかな」という場合、アフィリエイトに取り組むきっかけになるかも。

追記

年々、アフィリエイトを取り巻く環境は変化。もはや、この本が提唱している話で稼ぐことは現実問題、ほぼ不可能です。

いわゆるブラックSEOのような迷惑行為をすれば可能かもしれませんが、それは大半のネットユーザーの迷惑になるだけでなく、このようなことをしていれば、アフィリエイトを継続することができなくなるでしょう。

ということで、これからアフィリエイトで真剣にお金を稼ぎたい。そういう方には「おすすめできない本」というのが正直な感想です。

本はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする