【分散主義】という考え方は実に奥深い考え方だと思う

危機管理

「アフィリエイト収入は安定しない、だから稼げるようになっても1つのサイトの稼ぎだけに依存してはダメですよ、いろんなサイトを作って、収入を分散させましょう!」

これがよく言う、アフィリエイトの分散主義という考え方です。

このブログでもそのことは何度も書いているのですが、改めて考えてみると、この分散主義という考え方は、本当に奥が深く、人生の様々な場面で役に立つ、とても実用的な考え方のような気がしています。

分散は保険をかけること

人生、当たり前ですが、何事も自分の思い通りにはいきません。

「○○を手に入れたくて努力した」

「あの子が好きだよぉ、振り向かせたいよぉ」

「でもダメだった・・・」

こんなことは日常茶飯事で、それは悲劇でも何でもありません。

頑張ったけど上手くいかない、そこで挫折しないために必要なのは、「○○を手に入れたい、でもダメだった場合に備えて、△△も視野に入れておこう」というような考え方だと思います。

人間不思議なもので、「○○しかない!」と思うと気持ちの余裕がなくなり、気持ちとは裏腹に、どんどん「詰んでしまう」ようなことが起こってしまいます。

でも、「○○がダメ?なら俺には△△がある、それでいけばいいさ」と思うと、今がダメでも、不思議と状況が好転してきます。

保険をかけることは逃げ道を残すようで釈然としないところがあるのも確かなのですが、まぁ本当に物事は思い通りにいかないものです。

人生、アフィリエイト、人間関係、これをこうしたいから頑張る、でも上手くいかない。そういうものだらけです。だから、これがダメでもあれがあるというように、希望を分散させておくことが大切になってくるのではないでしょうか。

前提は「結果は思い通りにいかない」

一点集中だとそれを失う=全ての終了ですが、分散させておけば、また立ち上がることができます。そうすれば、失敗も成功への過程となり、苦しいときもいつかは笑い話になります。

しかし、一点集中で余裕なく、他に保険をかけておかないと、文字通り状況が詰んでしまいます。それに、一つに集中していただけに、期待が大きかった分、失望、ダメージもかなりのものに。再起するにも時間がかかるかもしれません。

早い話、アフィリエイトに限らず、人生で「これしかない・・・」というような状況を作らないようにすることが、生きていく上で大切なんだと思います。

仕事、人間関係、常に代替手段があれば、かりに何かを失っても、「それは仕方なかったことだ」と案外スッキリ割り切れます。でも、ずっと愛着を持っていたもの、他に変わりがないものを失うと、それは致命的な痛手となってしまいます。

こちらの記事でも書きましたが、人生、一途な生き方を選ぶのは誰の支えもなく茨の道を歩むようなものです。

「これだけは!」と気合が入るものほど手に入れにくく、手に入っても失われやすいものです。だから、一つのことに期待し過ぎず入れ込み過ぎず、「コレがダメでもアレがあるさ」と余裕が持てる状態を、意図して作っておくことが大切なのではないでしょうか。

まぁ、それが簡単にできたら苦労はしないのでしょうが、考え方として頭に入れておくと、何か一つだけにこだわりすぎるとき、それにストップをかけるきっかけになるかもしれません。

基本、物事は自分の思い通りにいかない。希望通りにはいかない。だからいろんなものに手を出して分散させる。いつも、そんな意識を持っておきたいものです。自戒を込めて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする