アフィリエイトのジャンル研究その3・お金系アフィリエイト(金融・投資)は当たれば大きいが新規参入は厳しいかも

投資の相談

一昔前のアフィリエイト長者の多くが活躍していたお金系ジャンルのアフィリエイト。

・投資(株や為替)

・クレジットカード

・消費者金融(キャッシング)

など、高報酬の案件がゴロゴロあるジャンルですが、現在、この分野で成功するのはとても難しいことで知られています。

なぜ、お金系ジャンルのアフィリエイトで成功するのが難しいのか?

理由はいろいろありますが、大まかに考えると、ライバルの多さと、案件の承認率の悪さ、この2つが成功が難しい原因です。

高報酬でも儲からない!?

投資や金融などの案件は、今でも1件1万円以上の報酬が設定されているものがあるものの、EPCや承認率をチェックすると、「これは儲からないな」という案件がゴロゴロしています。

このような具合です。

・A社(まだマシな例)

1件獲得の報酬額:1万5千円

EPC:0.8円

承認率:47%

・B社

1件獲得の報酬額:1万2千円

EPC:120円

承認率:8%

・C社

1件獲得の報酬額:1万2千円

EPC:16円

承認率:5%

同じジャンルでもこのような具合。承認率5%~20%の承認されにくい案件がゴロゴロしています。

そのため、お金系の分野のアフィリエイトは、報酬率は良いものの、承認率等の問題を解決しない限りは、上手くいかない可能性が高いです。

承認率がマシな案件もあるにはあるのですが、広告主の数が多いため、その見極めは、なかなか難しいかもしれません。

「掲載して成果が出る→キャンセルの連続で心が折れてしまう」という経験をしやすいのがこの分野の特徴。

頑張ってサイトを作っても、間違った広告主をプッシュしていると、努力は実らず成果がキャンセルされまくります。この分野に参入する際は、特に広告主選びの注意が必要です。

この分野は既得権益層アリ

さらに情報を加えておくと、この分野では、すでにこの分野で成功しているアフィリエイター(特に法人化しているアフィリエイター)が優遇されているケースが多いのが特徴。

彼らは、広告主から特別単価で報酬を設定されてもらっており、通常のアフィリエイターよりも良い条件で、アフィリエイトができています。

広告主のなかには、実績のあるアフィリエイターには高報酬&高承認率で、そのほかのアフィリエイターの成果はキャンセルしまくるという話を聞いたことがあります。)

新規で参入しても、すでに成功しているトップアフィリエイターと競争することになるので、新規参入者は不利かもしれません。○○比較、△△ランキングなどのサイトでは、とうてい勝ち目はないでしょう。

この分野に新規参入する場合、個性的なブランディングや、独自のキーワード選定など、かなり高いレベルでのアフィリエイト戦略が求められます。

参入するなら、長期戦覚悟の強い意志と折れない心が必要です。

追記

ブログでクレジットカードに関する記事を書いたので、広告を掲載しようとA8で何社か提携を申込。

1週間ほど待ったのですが、ランクがブラックにも関わらず提携拒否されました。内容が合致する記事を書いたはずですが、アフィリエイト担当者の方にそこは読んでもらえなかったのかもしれません。

クレジットカードの会社の審査に合格するためには、きちんとクレジットカード専門のサイトを作る必要がありそうなので、コツコツサイトを作り始めました。

提携審査が厳しい・承認率がアレな広告主アリと、金融関係の分野はいろいろと面倒です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする