やっぱり承認率は嘘をつかない!稼げない広告は頑張っても承認されない件

まじかよ

またまた承認率ネタです。

2月から新規に掲載を開始した某広告主の話です。

掲載後すぐに売上が2件ほど出て成果が即確定。「これはいけるかな?」とその広告の露出度を高めPR、その後3件発生したものの、全てキャンセル。承認率はなんと50%以下に・・・。

掲載期間約1ヶ月で5件発生、2件承認3件キャンセル。同業他社の優良広告の承認率は8割~9割。)

まぁ、提携前から承認率50%程度の案件だと分かっていたのですが、残念ながら承認率が事前の数字通りダメでした。

個人的に物販で承認が50%切る広告主はNGなので、この広告主はベンチ入りの予定。せっかく露出度を高めて成果が出てきたのに、残念です。

どんな理由でキャンセルを食らうのかは分かりませんが、まぁ承認率という現実は嘘をつきません。ダメな案件はやっぱりダメなのかも。

数字が真実を証明する

広告主の立場として、キャンセルが発生するにはそれなりの理由があるのかもしれません。

しかし、我々アフィリエイターの側からすれば、不自然にキャンセルが多い広告主には不信感を感じてしまうのも事実。

頑張って宣伝して成果を出しても、それが「承認」という形にならなければ、努力がムダになってしまうからです。

広告主が成果のキャンセル理由のついて公開できる仕組みがあれば、変な疑心暗鬼が生まれることがなくなると思うのですが。)

我々はボランティアでアフィリエイトをしているわけではないので、成果がきちんと承認されるかされないか、安心してプッシュできるかどうかは、シビアに判断したいところ。

成果が承認されない広告主は「何らかの問題がある」と判断せざるをえないので、掲載を控えたり、場合によっては提携解除で別の広告主をまたプッシュしていきます。

他人は変えられない、であるならば

それにしても、毎度毎度、承認について、ドキドキハラハラさせられます。

昔は不自然なキャンセルが続くと真面目に広告主に問い合わせていましたが、最近はその作業が面倒になり、広告を外す等、フェードアウトさせる方向にしています。

承認率のよくない広告主に、キャンセル理由を問い合わせるのは時間のムダだと思うようになりました。)

まぁ、結局、こちらが何も言わなくても、きちんと承認してくれる広告主さんはたくさんいますので、承認率の悪い広告主はいちいち気にしないのが一番。

何事も良い勉強だと思い、掲載を控えるのが一番なのかも。

ということで、短い付き合いでしたが、この某広告主はとりあえずサイトの目立たないところへ配置換えさせる作業をしたいと思います。

アフィリエイトは気分良く取り組みたいので、毎度承認されるかどうかハラハラさせられるのはできる限りさけたいところ。

良い広告主との出会いを期待したいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする