アフィリエイトで食っていると、本当にアフィリエイトはありがたいと思う

アイディア

11月がやってきて、2016年もあと少し。

2016年は、メインサイトが2015年よりもアホみたいに成果が出て、収入アップ。結果的にはとてもありがたい1年となりました(ペラサイトは壊滅しましたが)。

メインサイトの作業量は1日30分×週3、これだけで生活できて欲しいものもたいてい買える暮らしができているのだから、本当にアフィリエイトはすごいな、ありがたいなと思います。

収入は増えておまけに毎日は基本的に自由。将来の何の保証はないものの、やり方次第、方法次第で自由に暮らしていける。アフィリエイトの収入で生活しているからこそ、その可能性、すごさを感じます。

アフィリエイトでお金を稼ぐこと=時間の自由ができること

アフィリエイトで食っているということは、ある意味、不労所得で生活しているようなもので、一昔前までは、働かず雇われず食っていくためには、音楽とか小説とか、作家として一山当てるか、株で成功するか、何にせよとてもハードルが高いものでした。

今は、ブログでもサイトでも、初期投資がほとんどお金がかからなくて、自分の工夫と運次第で、生活して人生が楽しめるお金を稼ぐことができる。本当にそれは奇跡的でありがたい。

アフィリエイトで本気で食っていこうと決めた2012年。

当時は朝4時半に起きて仕事に行って帰宅するのが夜の9時10時という地獄のような暮らしをしていて、結局はストレスで体ボロボロになってしまいましたが、当時と比べると、今の暮らしはなんと天国か。

収入も増えて自由時間も激増。ストレスもほぼフリー。本当に不思議で、ありがたい。

働いてお金を稼ぐのは辛いのは確かかもしれないけれど、そうでない道もある。アフィリエイトをしていて、本当にそのことを実感します。

そうだ、世の中は、朝から晩まで働いて食っていく以外の生き方もある。そんなことを実感しています。

頑張らなくても生きていける

アフィリエイトで食えるようになったら、自由時間も収入も増えた。人生が楽になった。

その話を新聞記者の友人にしたら、「それはお前が特殊だからだよ、運がいいからだよ」と言われましたが、まぁそれも一理あり。運がいいのは確かかも。

というのは、メインサイト以外にいろいろサイトは作りましたが、収入という結果になったのは、たしかに運もあるかもしれません。

毎日やることはやっているけど、必ずしも努力が結果になるとは限らない世界なので、将来性、安定性は何もありません。100%再現性のあるアフィリエイトの稼ぎ方なんて、未だに分かりません。

でもアフィリエイトで勉強になったのは、世の中で頒布している「こうすべき、こう働いて生きていくべき」という常識から自由になれたことです。

どこかに勤めてそこで朝晩仕事をしてお金を稼ぐ。

学生をしていたときは、それしか生きていく方法がないと思っていましたが、実際はそうでもない。要は、何らかの方法でお金を稼いでいけば、案外人生は、自分が思っていたよりもマシなものになる。

頑張らなくても生きていける、そんな感じです。

向いてることは仕事になって収入になる

そう、アフィリエイトをしていて思うのはそこです。

24時間仕事で頑張らなくても、自分の興味があることを文章にしてサイトやらブログを作る。それがある段階から上手くいってお金になる。

最初はアクセスもPVも全然ダメなんだけど、気にせずに続けていく。すると、作ったサイトのいくつかが、あるときから上手くいきだす。

収入も増えて、気がつけばアフィリエイトだけで生活できる。別に仕事をしているつもりはなくて、ただパソコンの前で、書きたいことを書いたり、サイトをより良くしようと思って更新する。

これが収入になっているけど、働いている気分ではない。不思議です。

一寸先は闇で、アフィリエイトの収入はどうなるかは分かりません。ただ、ネットでお金が稼げるというのは本当にすごいチャンスだと思います。

作ったサイト、書いた文章は、それは世界に開かれていて、それがお金につながっていく。個人でもチャンスが開かれている。

格差社会とか、いろいろ今の世の中は問題があるかもしれませんが、同時に、個人が人生を取り戻すチャンスもたくさんあるのかもしれない。

そんなことを思うこの頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする