アフィリエイトでの成功を目指すなら他の在宅ワークは辞めたほうがいい

パソコン

ネットの発達のおかげで、今は家にいながら仕事を受注することができます。

最近話題なのは、クラウドワークスなどのフリーで稼げるクラウドソーシングサイト。登録すれば、在宅の様々な仕事を探すことができます。

在宅ワークの例

・ウェブサイトのコンテンツ作成

・テープ掘り起こし

・翻訳

1件当たりの報酬も仕事の発注者によりけりですが、ここできちんと仕事をして、良い評価を得ることができれば、さらに大きな仕事につながっていきます。

多分、アフィリエイトに興味がある方は、在宅で出来る仕事に興味を持っている方が多いと思います。

アフィリエイトはパソコン&ネット環境があればどこでもできるので、子育て中の主婦の方、何らかの理由で働けない方、雇用されるのがイヤな方、場所にとらわれず働いてお金を稼ぎたい方なら挑戦しがいのあるビジネスです。

ただ、アフィリエイトは成果報酬のビジネスなので、成果を出せなければ、いくら頑張っても収入はゼロ。投資した時間がそのままお金になることはマレです。アフィリエイトを始めてしばらくは無収入を覚悟する必要があります。

この意味で、すぐにお金が欲しい人、在宅フリーランスとして安定的に稼ぎたい人は、クラウドワークスなどの在宅ワーク系のほうが、稼げる可能性が高いと思います。

アフィリエイトと在宅ワークはお金の稼ぎ方が違う

とはいえ、基本クラウドワークスなどの登録サイトで得た仕事は、アルバイトと同じように、一度きりの収入にしかなりません。1件の報酬が○○円という具合に、1度仕事をしたら、それでおしまいです。

アフィリエイトの場合は、一度儲かるサイトを作ることができれば、その後少しのメンテナンスで継続的な収入になるのが特徴です。すなわち、自分が一度した仕事が、継続的な収入源になる可能性があるのです。

これは、作家の仕事とフリーライターの仕事を考えれば分かりやすかもしれません。

無名の新人作家の場合、本を出すまでは収入ゼロの貧乏生活を余儀なくされます。そして、出した本が売れない可能性もあります。しかし、出した本が売れた場合、著作権収入によって、継続的な収入源になります

一方、雑誌などに記事を投稿するフリーライターの場合、記事を投稿すれば、確実に収入になります。

たくさんの仕事を持っている人気ライターなら、仕事も常にあって、収入も安定的に稼げるかもしれません。しかし、1つ問題があります。「働き続けるのを辞めたとたん、収入がなくなってしまう」という問題です。

病気や何かのトラブルで仕事ができなくなったとき、実力あるフリーライターでも、途端に収入がなくなってしまいます。つまり、収入を稼ぐために、いつも働き続けなければいけないのです。

アフィリエイトとクラウドワークスなどの在宅フリーランスも、作家とフリーライターと同じような関係です。

アフィリエイトの場合、努力が確実にお金になる保障はありませんが、上手くいけば継続的な収入になる。自分が働かなくても、作ったサイトが稼いでくれる。ただし成功するまでは全然儲からない。

在宅フリーランスはやった仕事は確実にお金になる。しかし、お金を稼ぎ続けるためには、絶えず仕事を受注しなければいけない。辞めた途端、収入がゼロになる。

自分が働くのを辞めても収入が発生するかしないか。アフィリエイトでお金を稼ぐのと、在宅で仕事を受注しお金を稼ぐこと。ここが大きな違いです。

アフィリエイトでの成功を目指すなら在宅ワークに時間を使わない方がいい

アフィリエイトで成功を目指すなら、一番最初に目指すのは、自分のサイトをしっかり作りこむことです。1日5ページ10ページと、ひたすら自分のサイトへ時間を費やしていくのが鉄則です。

在宅ワークで仕事を受注し、誰かの依頼で記事を書けば確実にお金になりますが、その労働はあくまで発注者のための労働です。

受注した仕事をしっかりこなすことであなたの評判は高くなりますが、いつまで経っても自分発の収入は生まれません。

早い話、

・金のなる木を自分で作るために時間を使う(アフィリエイト)

or

・自分の労力を人に差し出してお金をもらう(在宅ワーク)

この2つは両立しないということです。

人のために時間を使えば、すぐにお金になりますが、自分の金のなる木を育てる時間が作れません。アフィリエイトで成功するためには、このことをしっかり理解しておく必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする