これならすぐに結果が出る?アフィリエイトとPPC広告について

アフィリエイトの手法の1つに、PPCを利用した集客法があります。

PPCとは、グーグルやヤフーの検索結果に表示される広告のことで、クリック回数に応じて費用が発生します。こちらの広告がPPCです。

・グーグル

グーグルの検索結果

・ヤフー

ヤフーの検索結果

このような感じで、検索結果の目立つところに広告を出稿できるのがPPC。

アフィリエイトの手法としては、1ページだけのペラサイトを作って、広告を出稿。売上を出していきます。

PPCのメリットは即効性。通常のアフィリエイト場合、サイトを作って売上が発生するまでタイムラグがあり、利益を出すのに時間がかかります。

しかし、PPCの場合、良いキーワードで出稿して、それが思惑通りにヒットすれば、1ページのペラサイトでも、短期間でアフィリエイト収入を得ることができます。

PPCのデメリット

一方で、PPCは広告費なので、費用がかかります。

クリックで広告費が発生するので、広告の文言がダメだったり、失敗すると、広告費だけお金がかかって、損害を被ることもあります

また、アフィリエイトの場合は、売上が発生しても、広告主による成果の承認作業があるため、承認率によっては、全く儲けが出ないリスクもあります。

失敗例)

PPC出稿→100クリックで3件成果発生、広告費用は10,000円、1件当たりの獲得報酬5,000円で利益は合計15,000円→発生成果3件のうち2件がキャンセル、利益は5,000円に→結果、マイナス5,000円の損失(´・ω・`)

このことから、PPCはかなり上級者向けの戦略であり、気軽に手を出せるものではありません。PPCを利用するなら、損失を想定し、資金に余裕を持って挑戦することが大切かもしれません。

大切なのは自分のアフィリエイト戦略に合うかどうか

私の場合、アフィリエイトを始めて5年以上経ちますが、PPCは未経験。

アフィリエイトの成果は、全て検索エンジンから集客のみ、メインサイトは月20万~30万円の収入になっていますが、広告費は1円も使っていません

広告費用が不要な、集客対策をずっと考えてアフィリエイトをしたいと思って試行錯誤してきたので、新規サイトでペラページアフィリエイトに挑戦する場合をのぞいて、PPCをやらないと思います。

PPCを使うか使わないかは、アフィリエイトの戦略によります。

反応率が高いセールスレターを書けて良い広告主を確保できるなら、ペラページを作ってPPCで集客した方が効率が良いかもしれません。

逆に、1つのブランドサイトを作って、じっくりアフィリエイトに取り組んでいく場合、PPCのように短期で結果を出す必要はありません。

しっかりサイトを作りこんで、検索エンジンからアクセスを集めて集客するか、それとも、1ページを練りに練ったセールスページにしてPPCで集客するか。どちらにしても、やり方は人それぞれ、得手不得手があります

お金をかけず、サイトを作りこんで、時間をかけてアフィリエイトしていきたい場合はPPCをやる必要はありませんし、広告費用をかけてでも、すぐに売上を出したい場合や商売慣れしている方は、PPCにトライしてみるのも良いかも。

PPCはメリットとデメリットがありますので、それを考慮し、自分が目指すアフィリエイト戦略で、必要な手を打っていくのが一番です。

このページのまとめ

・PPCのメリットは即効性。上手く決まれば大きな利益獲得が期待できる。

・PPCは広告費用がかかり、失敗のリスクも。常に広告費と売上のチェックをする必要があるので、手間がかかる。

・アフィリエイトでPPCを出稿する場合、提携広告主に注意。PPCで成果が発生しても、承認率が悪くければマイナスになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする