アフィリエイトで儲かるジャンル、儲からないジャンル

お金

アフィリエイトを始めるにあたり、どのジャンルのサイトを作るかは、そのサイトの成功に直結する重要事項です。アフィリエイトである程度まとまった収入を得たいのなら、報酬単価の高いジャンルを選ぶ必要があります。

報酬単価の違いが、収入にどう反映されるか?

1日100アクセス、月の売上数を5つと仮定すると、このようになります。

・サイトA

報酬単価の平均:1件100円

100×5=500円

・サイトB

報酬単価の平均:1件1,000円

1,000円×5=5,000円

・サイトB

報酬単価の平均:1件5,000円

5,000円×5=25,000円

要は、広告の報酬単価の高いジャンルの方が儲かりやすいということです。

報酬単価の高いジャンルは

アフィリエイトの華、1件の成果報酬額が高いのは金融案件です。

為替取引やクレジットカード、消費者金融関係の案件です。1件の成約で5,000円~2万円と、1つ売るだけで大きな収入になる可能性があります。

近年金融に次いで人気を集めているのが、婚活系アフィリエイトや、人材派遣、看護師系の転職、司法書士などのジャンルです。金融案件と並び、高報酬が魅力のジャンルで、1件1万以上は当たり前、なかには数万円の報酬を獲得できる広告も。

ただ、報酬の高いジャンルの広告は、

・ライバルが多いので競争が激しい

・報酬率が高い広告は承認率も悪い傾向にある

(成果確定の条件が複雑、もしくは故意にキャンセル扱いする広告主も!ただし例外もあります)

という傾向があり、広告主の見極めや、キーワード選びなど、成功するのは簡単ではありません。

私が最初に作って、月平均20万円の収入になったサイトは金融案件でした。未確定報酬だけなら、月50万ほどいく時期もあったのですが、承認率の悪さが気になっていました。

加え、法律の改正やライバルの増加で徐々に売上がダウンしていき、もともと好きなジャンルでもなかったので、やる気がなくなってしまいました。売上だけをモチベーションに頑張っても、おもしろくなかったのが正直なところです。

女性向け商品

物販で人気なのが、コスメ、ダイエット系のアフィリエイトです。好きな人ならお金を気にせず使ってくれるので、購買率が良いアフィリエイトだそうです。

ただ、私は男なので、正直このジャンルは全く興味がありませんし、取り組んでも成功しない(濃いサイトが作れない)のでやりません。

女性の方なら、「自分で購入→レビューを書く」というだけで専門のオリジナルサイトができるので、お得だと思います。

ライバルサイトは男が作っているのが丸わかりのコスメサイトがありますので、質の高さ&女性視点でサイトを作れば、成功率が高いはずです。

サプリメント

疲労回復や健康など、サプリメント物販のアフィリエイトです。広告主も様々で、1件の単価は500円~2,000円、3,000円といったところでしょうか。

売りやすいのはありますが、きちんと勉強してサイトを作らないと、面倒なことになります(薬事法など)。

また、このジャンルのアフィリエイトは、1回売ったら終わりで、同一ユーザーの購買がキャンセル扱いになっていることが多いです。後期参入者には、不利なジャンルかもしれません。

教育・資格

英語、資格、通信教育などのジャンルは、いつの時代でも安定した市場があります。

私が今一番力を入れているサイトもこのジャンルです。1件当たりの報酬単価は金融に及びませんが、そこそこの報酬率が良く、有名広告主も多いのが特徴です。

まぁ、私自身もともと教育関係の仕事を志望&経験しているので、このジャンルに取り組んでいて面白いということもあるのですが。

アフィリエイトのジャンルごとの特徴&考察はこちらでまとめています。参考にどうぞ。)

amazon&楽天経由のアフィリエイトについて

アマゾンアソシエイト

URL:https://affiliate.amazon.co.jp/

最後に有名なamazonアソシエイトと楽天のアフィリエイトについての注意点です。

amazonを利用する場合、どんなジャンルでもアフィリエイトできます。ゲーム、本、映画、服、家電、あらゆるジャンルの商品を掲載することができます。

しかし、amazonでアフィリエイトする一番の欠点は、クッキー効果が期待できないことです。

amazonアソシエイトの場合、ユーザーに即決で商品を買おうと思ってもらえない(カートに入れる)ことには、アフィリエイターの利益にはなりません。このため、高額な商品ほど売りにくい感じがします。

次の問題が利率です。

「amazonだけで月20万」という人は、もうかなりの上級者で、すごいと思います。amazonの場合、確かに商品が売りやすいのですが、いかんせん報酬率が低すぎて儲けになりません。

amazonアソシエイトの最初の利率は3.5%です。3万以上売っても、1,000円程度の利益にしかなりません。amazonのアフィリエイト収入だけで生活するのは、特殊な技術やプロブロガーでない限り、かなり難しいと思います。

amazon専用のアフィリエイトで儲けている人は、

・固定客のいる人気ブログを運営している

・有名な2chまとめサイト

くらいではないかと思います。

要は、1日30万~100万PVのあるような人気サイトでなければamazonでまとまった収入を得るのは難しいと思います。私もamazonを貼っているサイト(本やCDを紹介しています)がありますが、せいぜい月1,000円~2,000円程度です

2016年11月追記

アマゾンの収益が月5000円を超えるようになってきましたが、普通のアフィリエイトに比べ、稼ぐ難易度はかなり高いように思います。

月のPVが数十万あるようなブログか、参入ジャンルを決めて戦略的にアフィリエイトしないと、まともな収益を稼ぐのは難しいと思います。

この意味で、実はアマゾンは、かなり上級者向けのアフィリエイトではないかと思います。

楽天はどうか?

次に有名な楽天アフィリエイトです。

個人的な実感ですが、amazonよりは儲かりやすいです。まぁ、自分が紹介した商品ではなくて、全く関係のない商品が売れているのですが。よく分からないけど成果が出ている、そんな感じです。

楽天のアフィリエイトは、クッキーの関係でamazonよりは成果が上がりやすいアフィリエイトです。ただし、楽天の場合はポイントなので、ある程度まとまった額にならないと現金にすることができません。

私の場合、楽天アフィリエイトで儲けたポイントを、楽天ブックスで使ったりピザ代に消えてしまうことが多いので、儲けにはなっていません。小遣い稼ぎ程度なら、楽天はアフィリエイトしやすいと思います。

他社ASP経由で楽天アフィリエイトをし、現金で報酬を受け取ることができますが、承認率が絶望的に下がるので、辞めた方がいいです。

最後に

アフィリエイトで稼ぐ、そのために真っ先に考えたいのが参入すべきジャンル。

やっぱり、高報酬の広告主が多いジャンルは、まとまった収入になりやすいです。というか、一件あたり3000円、5000円~7000円の報酬がないジャンルだと、まとまった収入にはなりにくいと思います。

早い話、一件500円、1000円のジャンルで頑張るより、1件1万円のジャンルで頑張る方が、稼ぎを実感できます。

なので、アフィリエイトで生活できるくらいお金を稼ぎたいなら、どのジャンルに参入するか、そこを間違えてしまうと、なかなか努力が結果になりにくくなってしまいます。

努力が結果につながりやすいジャンルを見極た上でサイトを作成、更新していく。それによって、いつかヒットが出てきます。

「アフィリエイトで稼ぎたい!どんなジャンルでサイトを作ればいい?」

という方は、参考にしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする