アフィリエイトの収入が伸びない

パソコンの前で考える男

アフィリエイトを始めて悩むのが、「作業をしているのに収入が発生しない」or「作業量の割に収入が低い」という悩みではないでしょうか。

私がアフィリエイトを始めたきっかけ

経験者でも、新規サイトを立ちあげて、売上を出すには、そこそこの時間と労力が必要です。サイトを立ちあげて、どれだけコンテンツを作ろうと、どんなに更新しようと、全くお金にならない。そんな時期があります。

1日8時間、ひたすら文字を書いてページをアップする。実労働時間で言えば、アフィリエイトが割に合わないというのは、ある意味正しいと思います。今すぐ5万10万円のお金が欲しいなら、短期間のアルバイトをした方が確実です。

すぐに結果を出したいならリスティング広告などの対策が必要です。ここまでくると、もはやプロの領域になりますので、ネットビジネス未経験者がそこまでやる必要はないと思いますが。

しかも、成果が出たとしても、実際の売上があなたの口座に振り込まれるのは売上が確定した2ヶ月後になります。即金を求めてアフィリエイトをするのは、期待はずれになるかもしれません。

なぜアフィリエイトはすぐに結果にならないのか

サイトを作ったが儲からない。まぁ、理由はいろいろあると思います。

・検索結果にサイトが反映されるまでのラグ

・サイトの作り込み不足

・アクセスアップ対策の失敗etc。

私も、最初に作ったサイトが成果を出したのはサイト公開後4ヶ月後。金額は33,018円。1日8時間サイトを更新していてこの金額です。

「1日中パソコンに向かって月数万かぁ。効率悪いな。やめた」

このように思うのも無理ないと思います。

私の場合、アフィリエイトは引くに引けない事情があったので、「アフィリエイトの収入はある時期から急激に増える」という先人の経験談で心を励ましつつ、ひたすら作業を続けて行きました。

結果、サイトを公開後、2008年の年末、アフィリエイトの月収入が20万円を超え、1サイトだけで月収30万円手前まで伸びました。

実を言うと、その年の後半は、作業にも慣れてきて、実際の労働時間は1日3時間ほどでした。にも関わらず、収入はグングン伸びていきます。

ゲームをしていても、映画を観ていても、ASPの管理画面を見ると、売上がどんどん発生していきます。これは全く不思議な経験でした。

それまで、どんなに記事を追加してもうんともすんともいわなかったのが、時間の経過とともに売上が発生していく。あぁ、これがアフィリエイトなんだと実感した瞬間です。

収入が伸びないときは

仕事に取り組む男

結局、思うように収入が増えないときは、ひたすらサイトを充実させていくのが一番です。ASPにはログインせず、ただひたすら「1日○ページ記事を書く」と決めて作業をやっていきます。

もちろん、アクセス解析は無視でOK。本格的にアクセス解析をするのは、サイトを公開して1年後くらいでいいのではないでしょうか。

やはり、アフィリエイトで成功するにはそれなりの時間と労力が必要だと思います。最初のうちは分からないことだらけで、スキルも身についていない。そんな状態で成功するのは難しいでしょう。

なので、アフィリエイトを始めて1年くらいは、サイトのレベルを上げること、コンテンツを増やしていく作業を中心に、時間を投資していきます。

1年やれば、作業効率もアップしますし、何をすればいいかが分かるようになってきます。リアルにアフィリエイト経験値が溜まって、レベルアップしています。

結局、必要なものは必要なだけ時間がかかるものなのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする