最終的にアフィリエイトで上手くいくかは確率論、であるならば

良いね!

この記事の続きです。

アフィリエイトで上手くいくかいかないかは、実際にやってみないと分からないところがあります。

広告主のチェック、キーワード、ライバル調査、様々な準備して「これは絶対にいけるぞ!」と思ったサイトが思うように稼げないこともあれば、ふと思いついて気まぐれで作ったサイトが大ヒットすることも。

本当に、アフィリエイトはサイトを立ち上げてみない限りには成果は予想できないというのが正直なところです。稼げるか稼げないか、上手くいくかどうかは、最後には確率論の問題ではないかと思うようになりました。

「数」というシンプルな武器

「数」というのは、集まれば本当にすごい力を発揮します。

サイト数、ページ数、単純に数が多ければ多いほど、アフィリエイトで稼げるチャンスがアップしていきます。ペラサイト作りにしても、サイト規模を大きくするにしても、そこには「数」という要素が絡んできます。

この意味で、結局アフィリエイトは、やったものが勝つ世界。たくさんのサイト、たくさんの記事を作り続けた人が、稼げる傾向にあるのは確かだと思います。

もちろん、少数サイト運営で上手くいく人もなかにはいますが、全体の傾向として、それは例外。

例外の例は我々一般人にはあてにならないことが多い(というか参考にならない)ので、我々一般人が求める例は、一般の成功例。となると、数重視、量重視でアフィリエイトしていくことが一番手堅い方法なのかもしれません。

数をこなして成功する人

ところで、私は本をよく読むのですが、私が定期的に本を買うビジネス作家がいます。

その人の本は、正直とても質が良い本とは言えません。典型的な量産作家で、内容も似たり寄ったり。一度読んだらそれっきりで捨ててしまう、そんな類の本で、一般読者の評価はあまり高くありません。

それでも、そのビジネス作家は年収レベルで言うと数千万円を超えているそうです。

なぜそんなことが可能かというと、それはそのビジネス作家がたくさん本を出している量産作家だからです。

月2~3冊本を出版。たくさん本を出す、量産するという方法によって、収入の窓口を増やしています。一冊当たりの売上が低くても、それが数冊になれば、トータルの収入は伸びます。

本当に単純な話ですが、単純なことに成功の秘訣があるのかもしれません。

成功はコントロールできない、であるならば

最後には数で稼ぐ。この考え方はアフィリエイトも同じだと思います。

アフィリエイトで稼ぐためには、一つのサイトで成功を目指す必要はなくて、数で成功を目指していく。

一つ二つ三つ、どんどんサイトを増やしてヒット率を高めていく。サイトを作りこんで、どんどん記事を増やしていく。サイトが増えるにつれ、記事が増えるにつれ、やがて収入もアップしていく。

アフィリエイトで成功するための理屈はいろいろあると思います。運営者の技量、スキルも大切だと思います。それでも、稼げるか稼げないか、成功するかしないかは、最後の最後には、数の問題になってくると思います。

どんなサイトがヒットするか、そればかりは最終的にはやってみないことには分かりません。

であるなら、アフィリエイトで稼ぎ続けるためには、結局コツコツサイトを作ったり記事を書いていくことが一番確実。数をこなすこと、量をこなすことは、やる気さえあれば誰でもできます。

誰でもできること、シンプルなことに成功の秘訣がある。そう思うこの頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする