アフィリエイトの成果が拒否される5つの理由

悩む男

アフィリエイトのASPレポートを見ると、発生した成果がキャンセル(or拒否)され、獲得した報酬が消えてしまうことがあります。

広告主側から明確な理由を教えてもらうことができない場合が多く、「なぜキャンセルになるのか?」と不信感を感じてしまう場合もあります。

一般的に、アフィリエイトの成果がキャンセルされる理由は次の5つです。

1・間違い注文

2・お客さんのキャンセル

3・成果確定の条件を満たしていない

4・クッキーの不具合or他アフィリエイターとの重複

5・広告主(or代理店)の意図的なキャンセル

以下、詳しくみていきます。

1&2・間違い注文orお客さんのキャンセル

基本的に、アフィリエイトで成果がキャンセルされる原因が、商品を買おうと思って止めるケース、注文画面で操作ミスです。

ユーザーさんの間違いによるキャンセルはよくあって、例えば、ユーザーさんが注文画面で商品をバックボタンか何かで購入の操作を間違えて成果が2件発生。この場合、1件承認、1件キャンセルになります。まぁ、この場合は仕方ないです。

普段成果が承認されて、たまにキャンセルが発生する広告主の場合、お客さんが注文をキャンセルしたか、お客さんの操作ミスで成果が重複してキャンセルされたか、どちらかの可能性が高いです。

3・成果確定の条件を満たしていない

次に、成果条件が満たされていない理由でのキャンセルです。

アフィリエイトは、広告主が「こういう場合に成果をいくら支払います」と決めています。その条件を満たさないと、成果は承認されません。

成果承認条件はこのような感じです。

・FX

→口座開設後、◯日以内にログイン、△回以上の入金、☓回以上の取引でXXXX円の報酬

・サプリや美容アイテム

初回購入に限り1件あたりXXX円の報酬

たいていの物販なら、1件購入につきXXX円、というのが一般的です。しかし、FXやキャッシング、士業、人材派遣系の案件の中には、成果承認の条件をわざと複雑にしてキャンセルが出やすい仕組みにしている広告主がいます

なので、アフィリエイト報酬額だけで広告主を選ばず、提携前に広告主の成果確定条件をきちんとチェックしておく必要があります。

まぁ、経費削減でアフィリエイト報酬を支払いたくないのは分かりますが、いかがなものでしょうかね。

4・クッキー関連や他アフィリエイターとの競合

お客さんが、いろんなサイトをチェックし、アフィリエイトリンクを踏みまくっていると、キャンセルになることがあります。

このようなケースです。

お客さんがこちらのアフィリエイトリンクを踏む→他のアフィリエイターさんのリンクも踏んで購入→ASPレポートには成果が発生するが、こちらの成果はキャンセル、最後にリンクを踏ませたアフィリエイターさんの成果になる。

このようなキャンセルは、いろんなASPに登録している広告主の成果で発生しやすいように思います。1つのASPにしか出稿していない広告主は少ない気がします。

5・広告主(or代理店)の意図的なキャンセル

最後に、広告主(or代理店)の意思により、意図的に成果がキャンセル扱いされるケースです。

アフィリエイトは、成果を出すだけでなく、成果を確定してもらって、初めて収入を獲得できます(詳細は承認率を参照)。

しかし、成果の確定は広告主に委ねられており、その仕組はブラックボックス。この制度を悪用して、報酬を支払う意思のない広告主も存在しているように思います。

私の実績からデータを分析してみると、良い広告主の場合、成果の承認率は概ね80~90%以上です。

ここ5年以上提携している某大手の広告主は、承認率99%です(100件以上売って、1件だけキャンセルがありました)。良い広告主はほとんど成果が承認されます。

しかし、私の経験上、承認されない広告主は本当に承認されません

ブラックと噂される某企業の広告主は、30件成果が発生して承認0円。30万円の未確定報酬が没収されてしまいました。

また、新規参入の某会社。月5〜6件成果が発生、数ヶ月で20件程度獲得。承認は1件だけ。普通ならあり得ない数字で、結局その広告主はすぐにアフィリエイトから撤退していきました。

このように、ユーザーさんが商品注文をキャンセルして成果が拒否されるのではなく、ユーザーさんが購入しても、成果がキャンセルされてしまう案件が存在します。

この場合、解決策は成果を承認しない広告主の掲載をストップするか、このような使い方をして、他の広告主の引き立て役に使うか、対応をする必要があります。

いずれにせよ、成果が承認されるか承認されないかは、収入に直結しますので、おろそかにできない問題です。

成果を承認しない広告主にあたってしまった場合、「良い勉強になった」と考えて、長く付き合える広告主を見極めるための経験するのが一番です。

最後に

アフィリエイトでお金を稼ぐためには、いかに成果が承認される広告主を選ぶかがカギになります。

一般的な承認率の目安として、80〜90%のところは、紳士協定を守って、きちんと成果を承認してくれていると考えていいです。

成果の承認率が50%以下のところは、商品に何らかの問題があるか(低品質か価値のないもの)、意図的に成果をキャンセルしているか、どちらかの可能性が高い用に思います。

過剰にアフィリエイトのキャンセルを気にする必要はありませんが、何件獲得して、何件承認されたかは、きちんとデータを取っておくことをオススメします。

「成果が発生されても承認されなければ意味がない!」

それだけは強く、あなたにお伝えしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 伸び悩むアフィリエイター より:

    私もアフィリエイト報酬キャンセルに泣かされてきましたし、腹が立っています。

    月に70件の売上が発生して承認がたったの3件、10件で承認がゼロ。24件で承認が1件など。

    さすがに70件で3件しか承認されなかった広告主にはASPに交渉して50件承認にしてもらいました。

    70件注文があって、そのうち67件の客から注文がキャンセルになるなんてあり得ないですからね。

    その広告主は最初は8割くらい承認していたのですが、売上が70件に伸びたら急に承認率を下げてきました。

    普通は逆ですよね。それだけ売上に貢献しているのですから。

    ASPにキャンセル理由を問い合わせてもらったら、クッキーの関連など、いろいろあるみたいですが、詳しくは教えてもらえませんでした。

    「4・クッキーの不具合or他アフィリエイターとの重複」に該当するようです。

    今月もキャンセルが多くて腹が立ったので、こちらにコメントさせてもらいました。

    また、ストレス発散に使わせてもらってしまい申し訳ありませんでした。

    • 管理人 管理人 より:

      こんにちは。

      < 70件で3件しか承認されなかった広告主

      ひどい話ですねー。でも実際にそういう広告主がいるという・・・。まぁ、大人の世界はいろいろありますよね。