アフィリエイトの成約率を高めるために意識するポイント

喜ぶ女

アフィリエイトが上手くいっているかいないか。それを確認するポイントが商品の成約率です。

成約率は、ASPが提供するレポートでチェックできます(自分で計算して算出する方法もあります)。優秀なアフィリエイターの成約率が1%~3%(一般的な広告の反率もこれくらいの%です)と聞いたことがあります。

ただ、広告主自体にバラつきがあって、一概に「成約率○%がOK」とは言えないかもしれません。

実際、私がアフィリエイトしてきたなか、とある流行商品は成約率が20%を超えましたし、今でも毎月安定して売れている商品は、成約率の平均は3%~5%です。売れない商品で大体成約率は1%程度というところです。

なので、私のアフィリエイトの成約率は1%~10%と実にバラつきがあります。成約率は広告主次第なところもあります。まぁ、成約率が3%あれば、アフィリエイトが上手くいっていると考えていいと思います。

成約率が変わるポイント

では、どうすればアフィリエイトで成約率を高めることができるでしょうか。アフィリエイトの成約率が高くなる要因がいくつかあると思います。

商品説明のページ

・検索エンジンからの流入ワード

・広告主自身の販売力

個人的には、この3つが特に重要だと思っています。

基本的に、商品名検索からのアクセスは、アフィリエイト成約率が高くなります。というのは、その商品をあらかじめしっている人が商品名検索をしているので、すでにその商品に興味を持っている人を誘導できるからです。

一からユーザーにアフィリエイトしている商品に興味を持ってもらうには、それなりの手順と工夫が必要ですが、最初からその商品購入を検討している人なら、きちんと商品の魅力を伝えることで成約へつながります。

アフィリエイターとしては、商品説明のページで、その商品の良さを分かりやすく説明しさえすれば良いので、自然と反応率も高くなります。

あと、重要なのが広告主自身のランディングページです。

広告主のランディングページに電話番号がどでかくのっているケースや、余計なリンクが多くて購入につながりにくいような構成になっている場合、正直良い成果は期待できません(仮に売れても承認率が低くなりがちです)。

こういう構成のランディングページは注意

ダメサイトの例

アフィリエイトの商品説明をしっかり書いていて、そのページにアクセスが集まっているのに商品が売れない。そんなときは、広告主を疑った方がいいです。

広告主自体の販売力がなかったり、ひどい場合は意図的にアフィリエイトの成果を発生しにくくしていることもあります。

一番良いのは、すでに安定して売上が上がっている高成約率の広告主サイトを研究することです。売れているサイトは、いろいろな仕掛けと工夫をしています。

そのランディングページを分析することで、どんな分にページを作れば、成約率が高くなるのかを自分で考えることができます。

売れるサイトの要素を、自分のサイトに取り組むことで、成約率はドンドン改善していきます。アフィリエイトは成果報酬。成約率のアップを目指して、日々工夫していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする