アフィリエイトをしていて辛いときは結果が出ないときだと思う

夜明け前

「アフィリエイトは儲かると聞いた。そこでサイトを作ってアフィリエイトを始めてみた。」

「夜コツコツとサイトを更新しているが、全然儲からない。どうなってるんだ?」

「本当にアフィリエイトは儲かるのだろうか?インチキじゃないの?」

アフィリエイトのデメリットは、結果が出るまで時間がかかること。

サイトを公開してもすぐにはアクセスが集まらず、ある程度の時間がかかります。

多くの人は、サイト公開1ヶ月くらいで、「全然儲からないじゃないか」と思って、アフィリエイトを辞めていきます。

やる気のある人でも、サイト公開3ヶ月目くらいから、「頑張ってサイトを更新してるのに、全然儲からない。アフィリエイトって、儲からないのか?」と疑念に苛まれることになります。

アフィリエイトを初めて一番最初にぶち当たる壁がここで、これを乗りきれるかどうかが、アフィリエイトで上手くいくか失敗するかの境目になります。

結果が出ないうちは疑心暗鬼が自分の敵

アフィリエイトを始めたばかりの頃は、「稼いだ」という経験がなく、全てが手探り。

私も、アフィリエイトを始めたばかりの頃は、1日8時間くらいサイトを更新していましたが、全くお金になりませんでした。

「アフィリエイトの成果が出るには時間がかかる。」

「すぐには儲からない。」

早くて半年、遅くて1年近く時間がかかる。」

という予備情報を知っていたからこそ、作業量のことは無視して続けることができましたが、それでも大変です。

辛いとき、疑心暗鬼になりそうなときは、「夜明け前が一番暗い」と自分を励まし、作業していました。

結局、アフィリエイトでまともな収入を稼げるようになるまで1年近くかかりましたが、上手くいくまで1年以上時間がかかる場合もあります。

結局は、続けなければどうしようもなく、持久戦が基本になります。

ただ、一度サイトが上手く稼ぎ出すと、あとはそれほど頑張らなくても、売上がガンガン発生するのがアフィリエイトの不思議なところ

いろんな人がそのことを言っていますが、時間をかけて作ったサイトは、儲かるまでに時間がかかっても、上手くいけばその見返りを与えてくれます。

モチベーションをロストしないこと

問題なのは、いかに結果が出ない時期を乗り越えるか、です。

努力しても結果が出ない、サイトを更新しても儲からない。こんなとき、心が折れないよう、モチベーションを保つ工夫が必要です。

モチベーションが下がると、やる気も下がるもの。

私の場合、上手くいかないときや心が折れそうなときは、ネットで「アフィリエイトで稼いだ!」という人のインタビューや、アフィリエイト本を読み返して、モチベーションを高めていました。

「続けていれば何とかなる!」と思い、愚直に作業をしてきましたが、結果的にそれが良かったのだと思います。

「儲からない、うまくいかない・・・」とネガティブな気持ちが湧いてきたら、とりあえず考えるのを止めて手を動かす。その連続です。

ただ、苦境はいつまでも続きません。アフィリエイトも、不思議なもので、ある時を境にガラリと状況が変わります

何をやっても上手くいかなかったのが、ある時から上手くいくようになる。だからこそ、続けることが一番重要です。

アフィリエイトの場合、必要なのは自分の労力だけ。

サイトを公開し、更新。試行錯誤することで、道が拓けます。結局のところ、途中で投げ出さず、続けた者が結果を手にする世界。

アフィリエイトを始めて5年以上、そんなことを実感するこの頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする