雨の日あれば晴れの日あり。アフィリエイトに取り組むなら目先のことに一喜一憂すべからず

アクセス数

2017年9月のグーグルアップデートや常時SSL化の影響でメインサイトのアクセスが激減

その影響で長らく、忍耐力を必要とされる日々を送っていましたが、雨の日あれば晴れの日もあり。

コツコツ続けてきたアクセス数回復のための施策が功を奏したのか、ようやく、回復の兆しを実感できる状態になりつつあります。

その影響で、売上も回復傾向。本当に、アフィリエイトで稼ぐために、いかにアクセスが重要なのかを実感しています。

アフィリエイトの場合、一度流れが変わると、それを取り戻すのに時間がかかります。そして、最善を尽くしたとしても、期待する結果が得られるとは限りません。

しかし大切なのは、長い目で物事を考えること。

そのサイトが本当に大切なら。いかにアクセスが激減しようと何だろうと、あきらめずにやるべきことをやっていく。

その大切を、あらためて実感しています。

今回は、2017年9月からアクセスが下がり出し、2018年1月の時点で底を迎えています。

アクセス数の推移

ここからコツコツ、回復のための施策を実施。2018年5月にはようやく、下がる前のラインまで復活することができました。

では具体的に何をどうしたのか、というとこちら。

・低品質コンテンツの改善及び削除

・既存記事の加筆

今回のアクセスダウンをきっかけに、サイトを見直してみたところ、やはり、文字数が少ない、ページ数水増しのための記事をいくつか発見。

近年のグーグルは文字数や記事の質等を判断している話で、特に、ページ数水増しのための低品質記事があるサイトは、全体的に影響を受けるという話。

ということで、サイトの見直しを具体的に進めていくための行動を検討。

全日本SEO協会の鈴木将司さんの『サイト品質改善で順位を上げる簡単リノベーション術』(後日紹介)というDVDを参考に、できることを実施していった次第です。

その結果約6ヶ月。ようやく、復活を実感できる状況に立ち直すことができました。

正直、アクセス数が下がり、収益も下がってしまったときはかなり焦りましたが、下げ底も分かったし、サイトの問題を見抜くための知識も入手。

めでたしめでたしとは言えませんが、なんとかなって良かった。

もちろん一寸先は闇。アフィリエイトの世界、いや、人生に絶対に安全はないので、今回の出来事を気に大局で物事を考えることの重要性を実感。

先を見据え、今できることをやっていく。だから今日も記事を書く。改めて、その決意を新たにした経験でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする