アフィリエイトサイトのアクセスアップ対策

アクセス数

アフィリエイトで利益を出すには、継続的なアクセスアップ対策が欠かせません。人が集まらないかぎり、サイトからモノが売れることはないからです。

アクセスアップの方法はいろいろありますが、私が試してきたことをもとに、ここで情報を書いていきたいと思います。

相互リンク

まずはアクセスアップ対策の王道、相互リンクです。

昔とは違い、今闇雲に相互リンクを増やしても、アクセスアップするどころか、下手したらマイナスの効果になってしまうこともあるので、これからは慎重に相互リンク先を選ぶ必要があります。そこを間違える逆効果です。

とは言え、やはり他サイトからリンクをもらえる確実な手段なので、やり方さえ間違えなければ、一定の効果が期待できるはずです。

「アクセスアップ対策=リンク対策」というところがあるので、優良なサイト、昔から運営されているサイトからリンクを貼ってもらうことは、SEO対策上重要なことです。

自分のサイトをしっかり作りこんだ上で、きちんと運営されているサイト、継続的に更新しているサイトで、かつ相互リンクを募集しているサイトにお願いしてみるといいでしょう(もちろん同ジャンルのサイトです)。

そして、一度相互リンクをしたら、きちんとページを管理し、定期的に更新をしておきます。こうすることで、自サイトへのリンク管理が適切に行えるようになります。

まぁ、定期的に相互リンク集を更新する理由は他にもあります。)

1日100アクセス、1人あたりの平均PV3程度を目指すなら、特別なアクセスアップ対策をしなくても、サイトを開設して半年以上経てば、自然に達成することができます。

ジャンルによっては積極的にアクセスを集めていかないと、いつまで経ってもアクセスは伸びないでしょう。自分から、必要な施策を施していく必要があります。

ディレクトリ登録

ヤフーカテゴリやクロスレコメンド、Jエントリーなど、有名ディレクトリに登録してリンクを獲得する方法です。自分でお金を払う必要がある+かつ審査に合格する必要があるという点で、少し敷居が高いかもしれません。

しかし、私はディレクトリ登録しているサイトがあって、ディレクトリ登録によるアクセスアップ効果をまとめているサイトを運営しています。そこでディレクトリの効果をチェックしていますが、アクセスアップに一定の効果がありました。

全てのサイトにお金をかけてディレクトリ登録を目指す必要はありませんが、本格的に運営していきたいサイトは、サイトを公開したら、早めにディレクトリ登録するといいかもしれません。

サイト公開後1年後など、時間が経ってからディレクトリ登録すると、一時的にアクセスダウンする可能性がありますので。

ヤフーカテゴリはアフィリエイトサイトの場合、お金を払っても審査に通る可能性が低いので注意が必要です。)

勝手にリンクされるコンテンツを作る

アフィリエイトサイトといえど、今やオリジナリティ、ブランド力が重要です。

・サイトのブランディングによるファンユーザーを獲得を狙うこと

・他のユーザーから勝手にリンクを貼ってもらえるような有益なコンテンツを作る

これらの目標を達成する戦略は、長期的な成功を目指す上で欠かせません。

もっと正確に言うと、これからは今までのような手法、

「FX比較」

「クレジットカード比較」

「サプリメント比較」

というような、誰もが作っているアフィリエイトサイトはダメになる可能性があります。

ネットユーザーが成熟し、このサイトは信頼出来るか、アフィリエイターが試される時代が近づきつつあります。今でさえ、検索で「あ、アフィサイトか、信用できないな」と思っているネットユーザーも多いと想像していますが、どうでしょうか。

ユーザーはどんどん賢くなっている

グーグルのトップページ

グーグルのパーソナル検索導入、ソーシャルメディアなど、ユーザーはサイトに優秀なコンテンツを求めています。ユーザーが求めるコンテンツが提供できなければ、アフィリエイトで成功していくのは難しい時代です。

良いコンテンツはすぐにソーシャルメディアなどで共有されていく時代です。

仮に、検索エンジンで上位表示しても、内容が他サイトよりダメだったら、「このサイトはダメだな」とユーザーから見放されてしまいます(検索で上位表示できても儲からないサイトはゴロゴロあります)。

つまり、サイト名で検索されるような、ユーザー本位のコンテンツ重視のサイトを作ることが一番のアクセスアップ対策になるということです。

そういうサイトは、ブックマークやソーシャルメディアからのアクセスも期待できるので、検索に頼らない集客ができます。検索はグーグル先生の機嫌1つでコロコロ結果が変わります。検索だけに頼るアクセスアップ対策は、非情に不毛です。

私のとあるサイトも、検索からのアクセスが激減し、月2~3万になっていたサイトは、今や見る影もありません。

このことから、結局ちゃんとした内容のあるサイト、ユーザーにサイト名で検索してもらえるような、ブランド力のあるサイトを作るのが一番だと考えるようになりました。

そのため、私のメインのサイトは、アフィリエイトとは関係のない情報コンテンツを大量に用意、月30万PVのサイトに成長しています。サイト名検索やSNS、ブックマークからのアクセスも多いです。

「ダメになったら新しいサイトを作る」という考え方もあるのですが、しょうもないサイトを量産したくないですし、サーバーやドメインの管理が面倒くさいので、基本、サイトは作りこむ方法で管理していきたいと思っています。

時間はかかりますが、相互リンクを申し込まなくても、Neverまとめやフェイスブックなど、勝手にリンクを貼って紹介してもらえますので、やりがいもあります。

アフィリエイトは時間をかければかけるほど、後々になって返ってくる、いわば農作のようなビジネスだと思います。手間ひまかけてサイトを作るのは時間がかかりますが、いいものができたら、それがジワジワ、報酬となって返ってきます。

いいコンテンツができたらユーザーもハッピー。アクセスも集まってこちらもハッピー。まさしくwin-win。理想論に思えるかもしれませんが、やはりこれからはコンテンツ対策が、一番のアクセスアップ対策になると私は思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする