結果が出なかったアフィリエイトサイトを整理して思うこと

気づき

先日、ここ数年作ってきたサイトで、全く結果が出ないサイト、更新する気が起きないサイトを一気に処分することに。

サーバーの解約やドメインの解約等していたら、結構な時間がかかってしまいました。

それで、今まで自分が作ってきたサイトのうち、どれくらいの数のサイトが上手くいって、どのくらいのサイトが上手くいかなかったのか、そこをまとめていると、実に恐ろしい結果が。

作ったサイトのうちの大部分は全然ダメで、結局、アフィリエイトサイトとして上手くいったのは、本当にごく一部。

というか、ごく一部のヒットサイトが、収入の多くに貢献しているという、まさに一勝九敗状態。まぁ、でも、そんなものなのかもしれません。

試行錯誤の多くは失敗、ただし

ただ、当たったサイト、上手くいったサイトの収入の伸びは本当に良く、結局何が当たって何が上手くいくか、その違いを考察してみると、次のことに気がつきました。

1・更新していて楽しいサイトは、時間はかかっても収入につながる。

2・「興味はないジャンルだけど儲かる」と思って始めたサイトは上手くいかない。

3・更新が続かないサイトは何にせよダメ、上手くいかない。結局、サイト規模で500ページ以上あるサイトが一番安定する。

今回、いろいろ処分したサイトの多くはいわゆるペラサイトで、単発的に売上が出たことはあるのですが、収入の安定面ではまるでダメ。

おまけに、儲けを中心に、広告主を選定、興味がないジャンルに参入したせいか、サイトを更新する意欲がまるでわきません。なので、サイトを作ったら作りっぱなし。売上もままならないまま放置という、ダメパターンにはまってしまいました。

逆に、公開以来ずっと更新を続けているブログは、SEO対策ゼロですが、3年超えたあたりから、1日1000アクセスを超え出し、月間PVは5万を突破、アドセンス&アマゾンで4~5万程度の収入源になりました。

稼ぎの効率としては良くないですが、単純に更新していて楽しいのと、一生更新することを前提に考えているので、5年10年すれば、20万PV(アドセンスで10万円くらい?)は達成できそう。

個人的に、今はアフィリエイトというより、単純に好きなこと・興味があることなどの記事を書いて稼ぐライフログ的なブログで稼ぎを伸ばすことに興味がシフト。

アフィリエイト収入の他、「アドセンスで月20万くらいいければ最高だなぁ」と思っています。

そこで、安定的にずっと稼ぎの柱になってくれているサイト(自分が興味があるジャンル)+複数ブログ運営で、やっていくことを目指しています。

結局は興味があることが一番続く

アフィリエイトで稼ぐ、そこで鍵となるのは、やっぱりサイトを続ける更新力にあると思います。

アフィリエイトサイトを運任せではなく、安定した収入源にしたい。そういうときは、やっぱりページ数が500、いや、1000ページくらいのサイトに作り込むくらいでないと、その願いは叶わないようです。

でも、それくらいのサイトを作りこめば、面白いくらいサイトは安定して結果を出してくれます。SEOの波も関係なく、安定したアクセス、収入が見込めます(流行り廃りのないジャンルのみ)。

となると、結局は日々、コツコツサイトを更新していき、サイトを作りこむことが必須になってくるわけですが、興味がないジャンル、「ただ儲かりそうだから」と作り始めたサイトは、上手くいきません。

逆に、自分が関心があること、興味があること、自分自身が悩んでいることをテーマにしているサイトは、更新が苦にならないので、結果がでなくても、自然とサイトを更新するので、結果的に稼げるサイトになりやすいようです。

なので、更新が続けられるテーマを選んで、日々コツコツ更新を続けていく。今すぐ結果を求めず、ただ更新を続けていく。そんな愚直な姿勢が、結局は一番大切のように感じています。

それに、サイトを作りこめば、「自分はこれだけサイトを作った!」という充実感・達成感も味わえます。サイトの規模が大きくなれば、自分のサイト名を直で検索してくれる人も増えてきます。それは、単純に嬉しいものです。

今回、結果が出ないダメサイトを整理して、予想以上にそれらのサイトに執着・愛着がもてませんでしたが、儲けだけ、欲だけでは上手くいかないことを実感しています。

アフィリエイトで稼ぐ、そのことは大事ですが、稼ぐためにはどうすればいいか。何をすればいいか。そこは、それぞれの矜持というか、こだわりを持つことが大切なのかもしれない。

アフィリエイトサイトの整理をし、そんなことを思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする