アフィリエイト作業は肩こりとの戦いだ

肩を揉む男

ここ数日、肩こりがひどくてアフィリエイトの作業が遅れています。作業中はずっとパソコンに向かうので、肩や手、腰に疲れがたまってしまいます。パソコンを使う仕事をしている人は、みんなそうなのかもしれませんね。仕事はパソコンに向かって作業していることが多いので、気をつけないと運動不足になりがちですし。

アフィリエイトの仕事は自分のペースでやることができるのが良いところですが、結果が重要な仕事なので、どうしても自分で作業量をコントロールしていかないと、オーバーワークになってしまったり、逆になまけで仕事が進まなくなってしまうこともあります。

ココらへん、自己管理をしっかりしておかないと、収入に影響してしまうところが、アフィリエイトの難しいところです。頑張りすぎると肩や目に負担がかかりますし、文章を書くのはある種知的作業なので、神経もつかれます。

気がつけば、肩や首がガチガチになっていて、最近は「目に肩腰、武○のアリナミン○」のCMで有名なビタミン剤を飲むようになりました。自分の健康とあわせ、仕事の作業量のバランスを取ること。このバランスが大切なのかも、と思うこの頃です。

パソコンでの作業の負担を軽減するために

アフィリエイトで記事を書いていると、ついつい集中して何時間もパソコンでキーボードを打っているときがあるのですが、そういうときはたいてい、肩や目に疲労が溜まっています。その疲れをそのまま放置しておくと、ひどい肩こりや頭痛の原因になってしまうので、最近は次のことに気をつけて、作業をするようにしています。

・パソコンの輝度を低くする(明るい画面は目に負担がかかります)

・1時間ごとに体のストレッチ

・適度な運動

アフィリエイトというと、体の健康が資本。体に余計な負担がかからないよう、適度に健康を気遣うようにしています。

一番の基本は、アフィリエイトで使うパソコンの明るさでしょう。チカチカ画面の明るいパソコンでアフィリエイト作業をすると、目に負担がかかってしまいますので、パソコンの輝度を下げて、目に負担がかからないようにします。

そして、作業中も適度に休憩をとって、体を動かしたり、ストレッチをして体をスッキリさせます。仕事が終わったらウォーキングなど軽い運動をしておき、体力の維持を測る。当たり前のことかもしれませんが、一人で作業をするアフィリエイターとして、健康の管理に気をつけていこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする