アフィリエイト収入がダウン!

パソコンの前でガッツポーズ

私がアフィリエイトを始めたきっかけの続きです。

アフィリエイトを始めて1年間の格闘が、収入という結果になった喜びはとても大きなものでした。

2007年に始めたアフィリエイトが、2008年の後半から10万円単位の収入が発生するようになり、2009年は月平均20万円の収入(1サイトだけで)になりました。

それに浮かれてしまい、ほとんどアフィリエイト作業をしなくなってしまいました。

1日1時間の更新×週5日の更新で月20万円の収入。この時期は本を読んだり映画を観たり、ゲームをしたりで、遊んでいても収入が入ってくる状態。

まぁ、冷静に考えればこんな時期は続かないのですが、このときは「アフィリエイトサイトは一度作れば半永久的に稼ぎ続ける」と信じていました。

朝は好きな時間に起き、パソコンでASPの売上レポートをチェック。少し作業をしたら、後は自由。

本を読みたいときはソファに座って音楽をかけながら読書。映画が観たくなったらツ○ヤに行ってビデオをレンタル。1日5本、映画ばかり観ていた時期もあります。

アフィリエイトで上手く成功できれば、1日何時間も働かなくても収入が入ってくる。そして、働く代わりに時間を自由に使える。好きなことができる。最高でした。

アフィリエイト収入が下がるときは兆候がある

しかしある時、メインサイトに掲載している広告主の成果承認条件が厳しくなっていることに気がつきます。月に40万の成果報酬発生でも、成果が承認されるのはその半分の20万円など、こんなことが続いたのです。

結局、稼いでいるサイトはあまり更新せず、自分が大学で学んでいた専門分野の情報を掲載したサイトを立ちあげ、新しいアフィリエイトの柱にしようと新サイトを立ち上げました。

こうしていたところ、2010年になってメインサイトの収入が目に見えてダウンしていきました。

月平均20万円になっていたのが、ある時は月8万、ある時は月19万といったように、とても不安定な状態になってしまったのです。2011年になっても状況は変わらず、月5万~10万、2012年には月1万~3万程度にまで激減してしまいました。

幸い、2009年に作ったサイトや、他のサブサイトが収入をカバーしてくれているので、下がった収入はある程度カバーしてくれています。)

この経験から、アフィリエイトの難しさをまざまざと実感しました。

アフィリエイトで結果を出すことは、もしかしたら巷で言われているほどは難しくないのかもしれません。サイトを作って、毎日更新して、リンク獲得等の基本的な作業をしておけば、サイトを作って1年後、2年後に結果となってかえってくるでしょう。

しかし、アフィリエイトで安定した収入を得ようとなると話は別。よほど能力や才能、運がない限り、かなり難しいと思います。

アフィリエイトサイトは、グーグル先生の機嫌や、広告主の承認率によって、収入を左右されています。そのため、1つのサイトからの収入に頼るのはとてもリスキーです。

「1つのサイトで月20万~30万」というのも良いのですが、そのサイトからの収入に頼って怠けていると痛い目にあいます。

稼げるサイトが急に稼げなくなる。アフィリエイトの怖いところです。

基本は複数サイトを運営、1年に2サイトは、新しいサイトを作り、新しい収入源の確保を狙う必要があります。アフィリエイトで安定した収入を得ていくなら、いろいろなサイトを作った方が、精神衛生上良いのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする