アフィリエイト収入が減る3つの原因

パソコン作業

アフィリエイトは不安定なビジネス。

今月稼げているからといって、来月も稼げるかどうかは分かりません。

月50万稼げていたのが、いきなり0円になることは可能性的に小さいかもしれませんが、危機意識は常に持っておきたいものです。

広告の視点から収入低下のリスクを考える

なぜアフィリエイトの収入は不安定なのか?

アフィリエイトの稼ぎはグーグルなどの検索エンジンに強く影響を受けています。

グーグルの検索アルゴリズムの変更で稼いでいたサイトのアクセス激減→収入激減というのが、アフィリエイトの詰みパターンの1つですが、もう1つ、意識しておきたいのが、広告の「旬」の問題です。

アフィリエイトをしていく上で、様々な広告を掲載することになりますが、そのなかで、稼げる広告とそうでない広告が出てきます。

稼げる広告は比較的毎月成果発生が安定するので、まとまった稼ぎになりやすいのが特徴ですが、掲載歴が長くなればなるほど、だんだんと広告の寿命が尽きてきます。

反応率が下がってきて、やがて稼げなくなっていきます。これは仕方ない話で、どんな商品も未来永劫売れ続けることはありません。

また、稼げている広告主がいきなり撤退する可能性もあります。

私の体験だと、毎月10万くらい、安定して稼げていた広告主がある日突然撤退、代打が見つからず機会損失した経験があります。広告主の撤退は突然やってきます。

だからこそ、アフィリエイトでは、常に第二第三の稼げる広告を確保していくことが大切になってきます。

アフィリエイト収入は人生の可能性を拓く、だからこそ

一度稼げるようになったら面白くなるのがアフィリエイト。

時間の自由ができ、既存の常識にとらわれない生き方、働き方ができるようになります。

しかし、アフィリエイト収入は不安定なもの。

一度上手くいったからといって、そこで油断していると、今までの努力がムダになってしまうような、突然の悲劇に見舞われます。

アフィリエイトで稼げれば、自由にお金が稼げる反面、サラリーマンの給料のように、毎月もらえるお金ではありません

稼ぎ続けること、今の稼ぎを維持し、より稼ぐためには、新しいサイトを増やしたり、既存サイトを見なおし、より稼げる方法を模索していく必要があります。

広告主の変動が小さい普遍的なジャンルでは、ある程度サイトを放置していても稼ぎ続けることができますが、未来は誰にも分かりません。

稼ぐサイトも完全放置せず、適宜更新。同時に新サイトを作り続け、余裕のあるうちに、新しい一手を打つことが大切です。

アフィリエイトの収入が下がる理由と解決策

1・稼いでいたアフィリエイト広告の寿命(旬)が尽きようとしている。

→今稼いでいる広告を信頼し過ぎない。常に新しい広告主を見つける。

2・稼いでいた広告主がアフィリエイトから撤退した。

→他に稼げそうな広告を代打でPR、前より稼げる露出方法を工夫する。

3・稼いでいたサイトが検索から吹っ飛んだ。

→スパム的なことをしていないのなら様子を見る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする