アフィリエイトで稼げれば自由に暮らせる、しかし

考える男

アフィリエイトの良いところは、自分の時間を確保しつつ、好きなときに仕事ができること。

また、一度上手くいけば、半不労所得のように、仕事をほとんどしなくても、お金が入ってくるようになります。

これだけ書けば、アフィリエイトは理想的な仕事のように思えますが、問題もいくつかあります。

一番心配なのは、収入の安定性です。

アフィリエイトの収入は給与所得とは違い、100%成果報酬型の収入。努力した云々は関係なくて、成果が出なければ稼ぎは0円。

また、アフィリエイト収入は検索エンジンからのアクセスに影響を受けます。構造上、収入が不安定になりやすいのもアフィリエイトの特徴。

そこで、不安定な収入を安定させるために、いろんなサイトを作っていくわけですが、アフィリエイトはサイトを作って稼げるようになるまで、ある程度の時間が必要です。

収入が良いときに次の手を打っておかないと、ある日突然、大慌てしてしまう状況になってしまうことも。

気ままなアフィリエイト収入での暮らしが終わったとしたら

まぁ、一人で暮らしていくぶん、多少アフィリエイトの収入が不安定でも何とかなるわけですが、問題は、自分以外の誰かに対して、経済的な責任が発生する状況になったときです。

自分一人なら「お金がかかる」といってもたかがしれています。収入が不安定でも、それなりにやっていく自信は持てます。

しかし、誰かに対して経済的な責任が発生したとき、いかにアフィリエイトの収入を安定させていくかは、とても切実な問題になります。

「お金はいくらあれば絶対に大丈夫!」ということはないので、アフィリエイト収入で暮らしていく場合、お金のこと、サイト収入の安定化については、つねに意識しておきたいところ。

まぁ、今のご時世、サラリーマンをしようが、自営業をしようが、一部の大企業のサラリーマンをのぞき、安定した人生など期待できないと思います。

「自分一人のことを考えていれば良い状況が変わったら、そこから自分を変化させて、変えていく。ステージごと、状況ごと、柔軟に対応していくことが大切かもしれない。」

「最悪の状況になったら、状況に応じて、他に取りうる選択をすればいい。安定などないのだから、変化していけばいい。」

こんな風に感じるこの頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする