検索エンジン対策における集客の真髄は見込み客を集めること

タブレットを見つめる女

アフィリエイトに取り組む上で避けられないのが、グーグルやヤフーなど、検索エンジンからの集客。

あなたがいくら素晴らしいサイトを制作したとしても、検索エンジンからのアクセスがなければ、あなたのウェブサイトはウェブ上において存在しないのも同じ

だからこそ、検索エンジン対策をおろそかにせず、アクセスをあつめ、集客する努力をすることが大切です。

集客のための考え方

しかし、検索エンジンからのアクセスを集めるために、インチキな手法や、裏技的を使う必要はありません。検索エンジンから抹殺されるような、危うい橋を渡る必要もありません。

検索エンジン対策で重要なのは、「どんな言葉を使えば、アフィリエイトする商品が売れるのか?」ということを考えて、サイトを作っていくことです。

別の言い方をするならば、検索エンジン対策は商品を購入する可能性のある見込み客を集める作業にほかなりません。

そのために、次の点について、しっかり考えぬいてサイトを作成しておくことが大切です。

・アフィリエイトする商品を欲しがっている人はどんな人なのか?

・その人が検索エンジンで入力する言葉は何か?

この2点が検索エンジンで集客するための本質的な考え方です。

実例で考えると

例えば、あなたがアフィリエイトするジャンルが看護師の人材募集案件であったとします。そして、成果報酬の条件が、新規通常会員登録後+面談完了だったします。

この条件で、あなたがアフィリエイト報酬を得るには、次の問題を解決する必要があります。

1・看護師の資格を持っており、かつ新しい職場を探している看護師希望の人に、あなたのウェブサイトにアクセスしてもらうこと。

2・あなたのサイトからアフィリエイトリンクをクリックしてもらうこと。そして、広告主のサイトで、新規会員登録をしてもらい、面談を受けてもらうこと。

これらの問題を解決するためには、

・今、職場を探している看護師を集める。早く仕事を見つけようと急いでる人であればなお良し。(=見込み客の集客)

・あなたのウェブサイトで「申し込もう」と思ってもらう。(=契約の成約)

という2つの視点で、サイトを作り、集客していく必要があります。

アフィリエイトで成果を出すために

我々アフィリエイターの仕事は、ただ広告主の商品を宣伝すれば報酬がもらえる仕事ではありません。

アフィリエイトの報酬は成果報酬。いくら広告主の商品を宣伝しても、成果が出なければ無料ボランティアと同じことです。

そこで、成果をきちんと出せるよう、「どんな人を集めれば成果が上がるのか?」ということを考えて、サイトを作っていく必要があります。

これが、アフィリエイトにおける集客のための考え方です。

そのため、基本的に検索エンジン対策は見込み客の集客であり、見込み客がどのような人なのか、どのような問題を抱えて検索エンジンに言葉を入力しているのか、そこを徹底的に考える必要があります。

あなたのサイトに掲載している広告はどんなジャンルなのか。そして、その広告主の商品を必要としているのはどんな人なのか。どんな言葉で検索しているのか。

見込み客の立場になって考えられることが、アフィリエイトにおける集客のコツです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする