アフィリエイトで役立つキャッチコピーの話

鉛筆とノート

アフリエイトで売上を出すためには、アフィリエイトリンクが張っているページを、たくさんの人に見てもらう必要があります。そのために、サイトの上部に人の目を引くキャッチコピーを書くなどして、人の注目を集める工夫が必要です。

キャッチコピーの書き方にはいくつか方法があるのですが、大きく分けると次の2つの方法が基本です。1つは人の不安や劣等感を刺激する方法、もう1つはメリットやプラスをPRする方法です。

ネガティブ刺激系のコピー

まずは人の不安を煽るタイプのキャッチコピーです。

「うわ・・・私の年収、 低すぎ・・・?」

「まだ家は買うな!」

これらが有名な人の不安や劣等感を刺激するキャッチコピーの例です。文言が刺激的なのが特徴で、人の感情を刺激するエモーショナルマーケティングの手法です。

この方法のメリットは、人の注目を集めやすいところです。刺激的な言葉で人の目を集め、不安を刺激し、商品を買わないことのデメリットを煽ります。

何かの心理学の実験でありましたが、人はメリットよりもデメリットで行動を促されるそうです。要は、「~すると得をする」より、「~しないと損する」の方が、人は行動するという話です。

育毛やダイエット、美容系の広告をチェックすると、不安刺激系のコピーが使われていますが、理屈はこの通りです。

・育毛やかつら(男性向け)

髪→「髪が薄いと女性にモテない」というコンプレックスを刺激

・ダイエット、美容(女性向け)

体型→「太っているとモテない、好かれないかも」という不安を刺激

まぁ、自分で書いていてアレですが、何だかイヤな感じがしませんか?

不安刺激系のコピーは、人のダークでネガティブな感情を刺激します。その分、人の反感を買いやすいのが特徴です。アフィリエイトサイトと言えど、「炎上」や「反感を抱いたサイト閲覧者からの粘着」もあり得ますので、使い方には注意が必要かも。

不安&劣等感刺激系コピーのメリット

・読み手の注目を集めやすい

・広告の反応率が上がりやすい

不安&劣等感刺激系コピーのデメリット

・人の反感を買いやすい

・サイトの品位が下がる(文章が安っぽくなる)

メリット強調形

もう1つのキャッチコピー、メリット強調系の話です。こちらは、単純に「これをすればあなたは得しますよ」というように、ユーザーのメリットを強調する方法です。

「あなたのサイトが30日で儲かる」

「お得で簡単!」

商品を買うことのメリット、商品の魅力を少し大げさに伝えたものが中心で、アフィリエイトの場合は、難しく考えず、商品の良いところをまとめれば、それがキャッチコピーになります。

アフィリエイトの場合は、広告主の商品の良いところ、注目点を探して、それを少し工夫して書けば良いだけなので、比較的簡単にコピーが書けます。

ただ、大げさに書きすぎると、それは誇大広告になってしまい、ASPや広告主からクレームが入ることもあります。特に為替や金融系、健康食品の場合は法律がからむので、コピーが誇大広告にならないよう注意が必要です。

テンプレート

「○日で△する方法」

「○するだけで△が簡単に!」

「○倍速く△ができる」

プラス訴求系のメリット

・商品の良さをPRすることができる

プラス訴求系のデメリット

・読み手の期待感を煽るので、さじ加減を間違えると誇大広告になるリスクが

・金融や健康食品では法律のと絡むので注意が必要

コピー作成のお役立ち参考文献

最後に、アフィリエイトのキャッチコピー作成に役立つ参考書籍をご紹介します。これらの本は、私がアフィリエイトを始めて以来、コピー作成に参考にしている本です。

アフィリエイトは、コピー1つ変えるだけで反応率がガラリと変わります。コピーの書き方を勉強しておくのは、アフィリエイトをする上でとても役に立ちます。

興味がある方は、書名を検索して、アマゾンや楽天でチェックしてみて下さい。

・「全米No.1のセールス・ライターが教える10倍売る人の文章術」(PHP)

→文章の書き方がとてもタメになります。

・「ザ・コピーライティング」(ダイヤモンド社)

→コピーの実例が豊富。本のコピーを参考にできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする