【考察】クローズドASPからスカウトされるコツはSEO対策にあり?

スカウト

運営しているサイト経由、某クローズドASPの方から「グーグルであなたのサイトが○○というキーワードで上位表示されています。うち経由で広告を掲載してくださいませんか?」というスカウトが。

このASPの方、実はすでに知り合いで、以前この方の紹介で某クローズドASPに登録済み。

今回は、どうやらネット経由で見つけたサイトを、私のサイトとは知らずにスカウトメールを送ってこられたようです。

不思議なこともあるもんだなと思いつつ、少しクローズドASPのスカウトについて考えてみました。

スカウトされるきっかけ

私が今までクローズドASPにスカウトされた経験から考えると、

1・完全紹介。

2・SEO対策で実績を持つ。

この2つで、クローズドASPの紹介が行われているように感じています。

まず一番有名なのが紹介。すでに実績があるアフィリエイターが他のアフィリエイターを紹介したり、広告主さんが紹介してくれたり、人づてでクローズドASP紹介してくれるパターンが一つです。

もう一つが、グーグルでサイトが上位表示されて、そこからスカウトが来るパターンです。

私の場合は両方で、レントラックスは広告主さんからの紹介ですが、他のクローズドASPは、SEO実績、つまり「○○というキーワードで上位表示されているので声をかけさせてもらいました」というケースです。

いずれにせよ、アフィリエイトをしていて、作ったサイトが人の目にとまれば、それが売上だけでなく、クローズドASPの紹介という、新しいチャンスにつながっていくのかもしれません。

報酬よりも重要?

クローズドASPを利用させてもらって思うのは、報酬の高さ云々だけでなく、単純に掲載できる広告が増えたということです。

ある一つのサイトなんて、作ったときはA8経由の広告しか掲載していませんでしたが、そのサイトがヒット。グーグルで上位表示されることで、複数のクローズドASPから「うちの広告を掲載して下さい」と連絡が。

今では7つほど、A8やVCなどの大手ASPでも出稿されていない独自の広告を掲載できるようになっています

単純に、他のアフィリエイターが掲載できない広告を掲載できれば、それはライバルと差別化するための一つの方法になります。また、複数の広告主を確保することで、どの広告を押してどの広告をベンチにするのか、選択肢が格段に増えます。

掲載できる広告が少ない場合、「この広告主、承認率がちょっとなぁ・・・」という場合でも、掲載せざるを得ない場合があります。しかし、選択が多ければ、納得のいかない広告主はすぐに掲載を辞めることができます。

この意味で、アフィリエイトをしていて、一つのジャンルを攻めるにしても、確保できる広告主は多いにこしたことがありません。クローズドASPという選択肢を確保することで、アフィリエイターとして一皮剥けられるのは間違いありません。

最後に

自分の作ったサイトが人の目にとまり、声をかけられる。

アフィリエイトの作業は孤独ですが、こうしたことがあると、アフィリエイトをすることは、見えないところで人とのつながりあるものなんだなと実感します。

良いサイトを作ればそれが評価されるとは限りませんが、やるべきことをやっていて、それが順調にいけば、サイトが成長し、人の目に触れ、チャンスを運んでくれる。そんなものなのかもしれません。

いずれにせよ、チャンスをつかむために必要なのはサイトを作ること。

それこそがアフィリエイトの基本で、成功のきっかけに。結局、コツコツサイトを作っていくことがアフィリエイトに取り組む上で一番重要なことなのかもしれません。

そして時がくれば、そのサイトがチャンスを呼び寄せてくれる。お金も稼げる。

そんなことを感じています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする