アフィリエイターならグーグルのこのページをチェックしておく

虫眼鏡を持つ女

近年、アフィリエイトサイトの検索上の地位は、非情に微妙なものがあります。一部のスパムサイトのせいで、「アフィリエイトサイト=ネットゴミ」といったネガティブな評価も。

以前は、検索すると上位がどれも似たようなコンテンツのアフィリエイトブログがヒットしてこともあり、グーグルのアフィリエイトに対する立場は厳しくなりました。

グーグルはアフィリエイトサイトに対して、次のような立場をとっています。

「Google では、純粋な、つまりいわゆる「内容の薄い」アフィリエイト サイトは、何百ものアフィリエイトにコンテンツを配信するプログラムの一部であるときは特に、ウェブ ユーザーに付加価値を提供することはないと考えています。

そのようなサイトは多くの場合、大量生産のサイト、つまり独自コンテンツのないテンプレートのように見えます。検索結果ページにこのようなすべて同じコンテンツのサイトが複数表示されることも起こり得るため、このような内容の薄いアフィリエイト サイトはユーザーの利便性を妨げることになります。」

(グーグルのウェブマスター向けガイドラインのアフィリエイトプログラムの項目より引用)

手厳しい話ですが、検索順位の品質を守りたいグーグルとしては、当然の姿勢なのかもしれません。

具体的に「これはダメ」というサイトの例がこちらのページで紹介されています。)

内容の薄いアフィリエイトサイトとは

もちろん、全てのアフィリエイトサイトがダメ出しされているわけではありません。アフィリエイトサイトに対して、グーグルは次のようなスタンスをとっています。

「アフィリエイト プログラムに参加しているサイトが必ずしもすべて内容の薄いアフィリエイト サイトであるわけではありません。たとえば、独自の商品レビュー、評価、商品比較などを行って付加価値を提供している良質なアフィリエイトサイトもあります。」(グーグルのアフィリエイトプログラムのガイドライン)

アフィリエイトサイトでも、何らかの付加価値を提供している限り、それは価値のあるサイトであって、アフィリエイト自体がダメというわけではありません。問題なのはこちらのケース。

「商品アフィリエイト リンクを含むページで、商品の説明とレビューを元の販売者から直接コピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなくそのまま掲載しているもの」

つまりは、広告主が用意した説明文をそのまま使っているだけのコピペアフィリサイトがグーグルからダメ出しされているわけです。オリジナリティのないサイト、広告を貼りまくっただけのサイト、そういうサイトは、作るだけ時間と手間のムダというわけです。

どんなサイトが生き残るか?

グーグルのアフィリエイトに対するスタンスは、今後も変わらないでしょう。とすれば、やるべきことは決まっています。商品の体験談レビュー等を掲載した、付加価値の高いサイトを作ることです。

広告主の紹介ページを作るだけでなく、自分で実際に商品を購入してそれを分かりやすくまとめたり、何らかのプラスアルファの価値を提供できるサイトが、アフィリエイトサイトとして生き残っていくことができるでしょう。

さもなくば、グーグルで上位表示するためには、SEOに特化したサイトを作るなど、特殊な技能が必要になります。

ただ、SEOは万能ではありませんし、いくら上位表示したところで、内容の薄い誰でも書けるようなページは、今後意味を持たなくなります。

今後、アフィリエイトで上手くいくかかないかは、そこら辺の戦略が重要になるでしょう。他サイトとの比較、オリジナリティetc・・・。悩ましいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする