アフィリエイトで成功するためにはここを改善する

キーボード

アフィリエイトでは、「質より量を重視せよ」と言われます。

例)100ページの濃いサイトより1000ページの普通の情報が詰まったサイトが儲かる

個人的には、1日平均200アクセス、月6,000アクセスで月収平均20万のサイトもありましたし、1日2,000アクセス、月7万アクセスのサイトが、月7万円程度という状態もありました。

何が言いたいかというと、アクセスはやたらに増えたからといってアフィリエイト収入が伸びるとは限らない、ということです。

アクセスの質だったり、掲載広告の報酬額だったり、成約率だったり、質をしぼったサイトのほうが、量重視のサイトより、利益率が高いサイトができます。

アクセスを増やすのは簡単です。毎日ひたすらページを追加していけば、時間の経過とともに、アクセスはどんどん伸びていきます。しかし、アクセスの増加とともに、直帰率の増加など、新しい問題も生まれます。難しいところです。

たくさん記事を書いていると、「え、なんでこんなキーワードでヒットしているの?」というようなアクセスが生まれます。そういうキーワードは、たいていコンテンツと検索ワードがマッチしていません。

直帰率が高くなるのは、ユーザーの検索ワードとヒットするページの内容がマッチしていない証拠なのですが、どのページが検索でヒットするかは、こちらはコントロールできません。

グーグル先生の機嫌しだい。アクセス解析をしていると、「え、何でこんなキーワードで上位表示してるの?」というものも。そういうキーワードに限って、直帰率が高くなるので厄介です。

まぁ、サイトの運営歴が長くなれば直帰率に神経質になる必要はないかと思いますが(リピーターが増えているため)、「どのキーワードでアクセスしている人が、購買率の高いユーザーなのか」が、分析しづらくなるのがデメリットでしょうか。

例)直帰率が高くなるワード

・調べ物系

→意味を調べたら即離脱するユーザーが多いです。(「○○とは」など)

・コンテンツと無関係なワード

上手くいっているかどうかは

直帰率

直帰率について、別のページに詳しく書くとして、ここでは有効なアクセス、アフィリエイトの方向性が上手くいっているかどうかをチェックするポイントを書きます。

それは、次の2点です。

・自分が狙ったワードで上位表示し、かつそのキーワードからのアクセスの直帰率が低い

・アフィリエイトする商品名ワードで上位表示し、かつそのページの離脱率が高い

アフィリエイトでは、キーワード選びが売上という結果に直結します。そこで、キーワードを考えページを作成、検索エンジンでヒットさせるために、SEO対策を施します。

当然、そのページは検索するユーザーが満足するような内容になっているはずです。しかし、仮に上位表示できても、内容がダメだったら、当然ユーザーの離脱率はアップしています。これでは、結果は出ません。

次に、商品名で上位表示を目指し、検索エンジンから集客する方法ですが、この方法でアクセスを集めた場合、ユーザーの離脱率は高い方がいいです。

なぜかというと、われわれアフィリエイターの目的は、広告主のサイトへユーザーを誘導することです。

アフィリエイターは商品の販売者ではありません。なので、広告主のサイトへのリンクをユーザーにクリックしてもらうことを第一に考える必要があります。

商品名ワードで上位表示したページの離脱率が低いということは、ユーザーが広告をクリックしていないということを意味します。ということは、商品説明がダメだったりするという可能性があるわけです。

リンクをクリックしてもらえない限り、売上は発生しません。要修正の可能性があるというわけです。

こればかりは、ページ作成→アクセス解析(プラス検索エンジンのチェック)を繰り返し、ひたすら実験していく必要があります。

ただ、闇雲にサイトを作ったりするよりは、1つのサイトで試行錯誤して、自分なりの経験とデータを蓄積していくことが大切だったりします。

まぁ、地味な作業なのですが、トライアンドエラーを繰り返すうちに、ヒット率がアップしてきます。

文章内でのキーワードの散りばめ、言葉の表現の使い分けなど、リアルにレベルが上がりますので、やはり地道な作業は重要だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする