サイトを作り込むのはとてつもなく時間がかかる、でもそれ相応の報いはある。

ニコニコ美女

メールをチェックしていると某クローズドASPの社員さんから「この案件を扱ってくれませんか?」というメールが。

条件等確認するとまぁOKな案件。サービスの体験させてもらうことはもちろんのこと、社長にも取材させてくれるということで、今度東京に取材に行くことになりました。

こういうことがあるので、アフィリエイトは面白いんですね。記者ならぬライターとしての取材経験も積めます。アフィリエイトはおいておいて、社会的に認められているような充実感があります。

自分の城を作る

ある分野でサイトを作り込む。そしてそのサイトが一つのメディアとなる。それを見た広告主、ASPが声をかけてくる。

アフィリエイトの稼ぎ方にはいろんな考え方がある(=いろんな方法がある)のですが、やっぱり個人的にはキーワード重視で狙っていく方法より、地道にサイトを作り込む方法が向いているようです。

サイトを作り込んで、そのサイトの名前が知られるようになれば、純広告、独占案件の紹介等、アフィリエイトという範疇にとどまらない、可能性が見えてきます。

実際、サイトが大きくなってくると、ASPからの紹介だけでなく、アフィリエイトに出稿していない会社からも「弊社を紹介して下さい」的な営業がきます。

サイト規模がでかくなってくると、個人のサイトでもそれくらいの影響力が出てきます。これはペラサイトでは無理で、やはりサイトを作り込んだからこそのこと。

稼ぎの面でも、作り込んだサイトが一番伸びしろがあります。だから長くじっくりアフィリエイトに取り組んでいく。そういう場合は、何か一つのジャンルでいいので、とことんサイトを作り込んでいくのは、無駄にならない努力になるはずです。

アフィリエイトから生まれる可能性

アフィリエイトはパソコン作業がメイン。一人で地味に記事を追加する。

それがどんな意味があるのか、すぐには分かりません。ところが、毎日パソコンでコツコツ記事を書いていると、あるときから、その効果が実家できます。この意味で、アフィリエイトは時間を味方にできる仕事なのかもしれません。

すぐには結果はでない。しかし、続けてさえいれば、コツコツやっていれば、それがどこかで花開く。そうして外とのつながりができ、仕事に社会性が生じる。

マイペースに続けていく。そこが全ての始まりで、それができれば上手くいく。アフィリエイトとはそんな仕事なんだと改めて実感します。

アフィリエイトに取り組んで本当に長い時間が経ちましたが、こうして今も続いている。そして続ければ続けるほどアフィリエイトの不思議な可能性を実感しています。

パソコンで記事を書いてお金になる。そして会社とかいろんなところから声がかかる。本当にすごいな、と。

ということで、アフィリエイトをきっかけにもっといろんな可能性を見出していきたい。そんなことを思うこの頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする