稼げないときは何のための作業しているのかを再確認する

売上計画表

「アフィリエイトのサイトを立ちあげた。毎日作業もして、サイトを更新している。しかし、売上が発生しない。」

「サイトを立ち上げて半年は過ぎた。広告主の紹介ページもきちんと作成している。アクセスもあるのに・・・。」

「自分のしていることは意味があるのだろうか?正直、心が折れそうだ・・・。」

アフィリエイトに挑戦していると、このような問題に悩むときがあります。

サイトを立ち上げて、放ったらかしにしているわけでもない。きちんと、コツコツサイトを更新している。広告主のページも何ページかあって、ランキングや商品レビューなど、あれこれ考えてアフィリエイトしている。

しかし、肝心の売上が出ない。こういうときは、やる気が落ちてしまうのが人情です。

立ち上げたサイトを更新する目的と理由

ただ、問題なのは、ここで諦めてしまっては、今までの努力が水疱に帰してしまいます。実際、ここが1つの正念場で、ここから更に作業を続けていける人が、アフィリエイト報酬を獲得できる人になります。

ではどうすればいいか?

根性論で頑張る必要はありません。1つ冷静になって、今までの更新作業を見なおし、より効果的な方法を模索するのです。

つまり、何のためにアフィリエイトサイトを更新するのか、普段更新作業をすることで、何を目指すのかを、今一度明確にするのです

アフィリエイトは、サイトを作成して、ネット上にアップロードするのがまず第一段階です。そこから、日々更新作業をし、アクセスを集め、商品を売るための工夫をしていくことが第二段階になります。

サイトを更新するのも、広告主の商品を宣伝販売するためであり、そのために、見込み客を集める必要があります。そこで、サイトの更新作業に明確な方向性を確認しておくことが大切です。

この作業をすることで、こういうことを目指す。そこを、自分なりの考えて、作業していくのです。私の場合、ページを作成するときは、常に広告主の商品を必要としている人が求めている情報を記事にします。

そのために、「どんな言葉でページを作れば、商品を買ってくれる人が自分のサイトにアクセスしてくれるのか?」という視点でページを作り、コツコツと作業をしています。

すると、だんだんと効果的なアクセスが集まるようになり、「ドンピシャ」で、コンバージョンの高いページが作れるようになります。

コンバージョンの高いページが増えていけば、サイトを更新するごとに、アフィリエイトの成功の可能性が高まっていきます。

「アフィリエイトの成功」という目的地を目指して

当たり前ですが、サイトを更新するにしても、ただやるだけではあまり意味はありません。大切なのは目的をもって、サイトを更新していくことです

ページを増やすにしろ、検索エンジン対策にしろ、「何のためにその作業をやるのか?」という視点なしでは、場当たり的なアフィリエイトしかできません。

目標(アフィリエイトで儲ける)があるこそ戦略(更新作業)があります。悩んだときは、そこを冷静に分析してみることが大切です。

・どんな風にサイトを更新すれば、売上が上がるでしょうか?

・集客でしょうか?レイアウトの変更でしょうか?

・どんな記事を書けば、広告主の商品に興味がある人を集められるでしょうか?

やれることは、たくさんあります。

「アフィリエイトサイトを更新しているが、上手くいっていない・・・」というときは、何を目的として作業するのか、冷静に分析してみることをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする