アフィリエイトは5~10ページのサイトでも稼げる!?シンプルサイトで稼ぐための5つのポイント

パソコンとメモ

2014年からペラサイトでのアフィリエイトを試行錯誤。

そこから、いかに効率よく、シンプルな小規模サイト(ペラサイト含む)で成果を上げるかを試行錯誤してきました。

この経験から感じたことは、規模の小さいシンプルサイトで稼ぐためにはキーワード選び&サイトのテーマを絞ったシンプルなサイトを作る必要がある、ということです。

では、シンプルなサイトで稼ぐために、どんなふうにサイト作りを意識すればいいのか?

ポイントは次の5つです。

1・サイトの形式はブログ(ワードプレス)でもホームページでもどちらでも問題なし。

2・キーワード重視でサイトを作る(テーマを絞込んでキーワードを選ぶ)。

3・ボリュームよりキーワード。ビッグワードは狙わず、複合ワードオンリー。

4・複合ワードを選定する場合は、商品購入を前提とした人が検索するワードに絞る。

5・数をこなして「当たる」感覚をつかむ。

以下、詳しく見ていきます。

サイトの形式

シンプルなサイトを作る場合、形式はブログ(ワードプレス)でもホームページでもどちらでも問題ないように思います。

ただし、ワードプレスでブログを作る場合は、極力見た目がホームページのようになるように意識した方がいいように思いました。

個人的には、ペラサイトや5ページほどのサイトを作るならホームページで、サイトを簡単に量産できるシリウスのようなツールでサイトをガンガン量産する方法が良いと感じました。

キーワード重視でサイトを作る

ここがシンプルサイト成功の一番のカギだと思います。

どんな言葉、キーワードでサイトを作るか。多分、稼げるか稼げないかは、キーワードで決まってくると思います。

キーワードによっては、「アクセスを集められるけど稼げない」というキーワードがあるので、最初の段階でコンセプトを誤ると、なかなか思うように稼げません。

ビッグワードは狙わず、複合ワードオンリー

そして、キーワードを選ぶときに重要なのが、1つだけのビッグワードを狙うのではなく、複数の言葉を組み合わせた複合ワードを狙うのがポイントです。

これはよく言われていることですが、皆さん稼がれているアフィリエイターが言っている話は真実だと思います。

単一のビッグワードを狙うより、目的を絞った複合ワードを考えてサイトを作る

場合によっては、2語だけでなく、3語4語、「このキーワードでのアクセスは高確率で成約させる!」くらいの意識でキーワードを選んだ方が、もしかしたら結果が出やすいのかもしれません。

商品購入を前提とした人が検索するワードに絞る

キーワードを選ぶさいに重要、というかシンプルサイトで稼ぐための絶対条件が、「商品を購入する可能性がある人が検索するキーワードを選ぶ」ということです。

ページ数を絞ったシンプルサイトで効率よく成約を狙う場合、扱う商品を買う人はどんな人なのか、イメージを明確にし、その人が検索しているワードを想像して、キーワードを決めることになります。

ここが上手く想定通り決まれば、1日5アクセスでも、成果が発生してきます。しかし、そこがズレていると、アクセスも集まらない、集まっても成約しにくい状態になってしまいます。

数をこなして「当たる」感覚をつかむ

結局はキーワードへの嗅覚、感覚がシンプルサイトで稼ぐためのポイントになるのですが、いくらキーワード選びを重視してサイトを作っても、百発百中は難しいかもしれません。

「これは上手くいくぞ!」と思ったサイトが外れたり、「これ、どうだろう!?」というサイトから売上が出ることがあります。

なので、シンプルサイトで稼ごうとするなら、やはり「数」は避けられないのかもしれません。

まぁ、たくさんのサイトを持っていれば、自然と収入源の分散になりますので、「このキーワードはいけそうだな」と思ったら、とりあえず作ってみるくらいの意識で、どんどん挑戦してみるのが一番なのかもしれません。

最後に

以上が、5~10ページほど、ページ数を抑えたシンプルサイトで稼ぐための考え方になります。

アフィリエイトは奥が深くて、1ページのペラサイトでも、5~10ページほどのサイトでも、500ページ以上の大規模サイトでも、いろんな方法で稼ぐことができます

稼ぐためのやり方はそれぞれで、「どのやり方が絶対にいい!」とは言えないのがアフィリエイトの面白いところです。

ページ数の少ない、小さいサイトでも、商品を買ってくれるユーザーを集客できれば、アクセス数関係なく、成果が発生してきます。

成果発生の安定度はやはり大規模サイトの方が強いですが、ページ数の少ないシンプルサイトは、作る手間もそれほどかかりませんし、上手くいけば本当にサクッと成果が出ます(新規ドメインでも2ヶ月くらいで成果が出ます)。

ページ数の少ないシンプルサイトをいろいろ作ってみることで、

・所持サイト数を増やし収入の分散化&安定化させる。

・自分の得意ジャンルを見極め、大規模サイトを作るための経験にする。

など、良い試行錯誤になると思います。

「良いサイトを作ろう!」と気張ることなく、気軽にサイトを作ってみる。その姿勢が大事だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする