アフィリエイトはやり方次第。月間アクセス160のサイトから5万円のアフィリエイト報酬が発生

2015年に作って2016年に撃沈した我がペラサイトたち

一度は諦めようと思いつつもどうしても諦めきれず、「何とか売上を出したい!」と記事内の文字数増量や記事追加などでサイト更新していました。

すると12月、そのうちの一つのサイトから売上がポツポツ出てきました。

売上

ジャンルは高報酬で有名な某転職関連。

発生件数全てが承認されるとは限りませんが、1件当たりの報酬額が大きいため、当たるとガーンと稼げます。

注目したいのは、このサイトのアクセス数です。なんと、月間160アクセス程度しかありません。1日10アクセス切るくらいの過疎サイトです。

アクセス&PV

それでも、「このキーワードでアクセスする人はアクションを起こしてくれるだろう」というキーワードを狙ってサイトを更新していましたが、それがビンゴ。

本当にアフィリエイトで稼ぐことって、アクセス数じゃないんだなと思います。

買う前提の人がアクセスするキーワードを考えて記事を作る。それが見事にハマれば、どんな小さいサイトでも、アクセスが少なくても、売上になっていく。

逆に、どれだけアクセス、PV数があっても、購入意欲が低い人が集まるサイトは稼げない(アドセンスは稼げます)。そのことを実感する体験でした。

ということで、2017年は、一度諦めたペラサイト作りを少しやり方を変えて、またサイトを作っていくことにしました。

サイトの規模は30ページくらいのスモールサイト(サイト作成はシリウスで)、ドメインは全て日本語ドメイン、キーワードを考えて成約特化に絞ったサイト作りを目指します。

それにしても、アフィリエイトって本当にいろんなやり方があるんだな、と。

安定するのは1000ページ以上の大サイト、ブランドサイトかもしれませんが、稼ぐ方法はそれだけではなく、たとえ30記事程度の小さいサイトでも、やり方を工夫すれば稼げる。そのことを実感しました。

まぁ5ページのサイトでも成果が出たことがありましたが、成果が安定しないので、2017年は30記事程度の小サイトを目指すことにしました。)

稼ぐなら頭を使う。結果が出ないならやり方を変える。やっぱりアフィリエイトは、そういう地道な工夫が大切なんですね。

2016年12月27日追記

気になっていた成果が見事承認。5万円ほどの稼ぎになりました。

承認

やっぱり、報酬額が高くても承認される広告主はすんなり承認してくれます。高額報酬+高承認率の広告主をいかにメインで取り組んでいくか。その大切さを改めて実感しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする