日本語と英語のドメインについての所感

アルファベット

アフィリエイトで稼ぐために取得するのがサイト立ち上げに必要な独自ドメイン。

私も、サイト増産のため、2014年は日本語ドメインと英語のドメイン、様々なドメインを取得しました。

例)

英語ドメイン→abcd.com

日本語ドメイン→アフィリエイトで稼ぐ.net

個人的に、オールドドメインや中古ドメインは興味がなく(長い目で見たら関係ないと思うので)、もっぱら新規ドメインを取得してきたのですが、そこで思うことが1つあります。

それは、

「日本語ドメインは英語のドメインに比べてサイトが比較的早く評価されやすいかも。」

ということです。

私が2014年に個人的に取得したドメインのうち、英語のドメインは今ひとつ思うような結果が出ていないのですが、日本語のドメインで取得した3サイトのうち、2サイトから、比較的短期間で成果が出ています。

また、アクセスの面でも、日本語ドメイン>英語ドメインというような具合、日本語ドメインの方が結果的には良い状況です。

なぜ日本語ドメインの方が結果が出やすいのかは分かりませんが、結果的にそうなっているので、これからはシリウスで作るキーワード重視の小サイトは、日本語ドメインで攻めていこうと思っています。

まぁ、1年3年、長期的に見れば、日本語でも英語でも、どちらのドメインを取得しても対して関係はないと思いますが、

「ペラサイトなどキーワード重視、狭いところを狙って早く結果を出していくなら、日本語ドメインで攻めていく方がいいかもしれない。」

というのが正直な感想です。

アフィリエイトにはいろんなアプローチがありますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする