ブログを1年運営してみたがブログアフィリエイトはやはり難易度が高い

海辺でパソコンをする男

2013年から、実験のつもりで、ブログアフィリエイトに挑戦。

今までは、ホームページオンリーでアフィリエイトしてきたので、ブログでのアフィリエイトにどんな可能性があるのか、体験してみることにしました。

ブログで記事を書き続ければ稼げる?

内容は、本やCDにグーグルアドセンスなど、プロブロガーの方がブログで稼いでいる方法です。相互リンクなし、アクセスアップは記事を書くことだけ。

それで1年毎日ブログを更新してみると・・・。

結果的に、ブログだけの稼ぎは月平均1,000円程度(´・ω・`)。「ブログのアフィリエイトは難しいな」というのが正直な実感です。

ブログを開設して、数カ月後に1日100アクセスくらいになって、ブログ開設から9ヶ月程度で、1日300~400くらいのアクセスが稼げるようになり、Amazonやアドセンス収入も増え始めました。

しかし、ある日を境に、急にグーグルからのアクセスが激減。1日30~50程度まで、アクセスが激減してしまいました。

このような具合、1年間ブログアフィリエイトに挑戦してみた実感として、ブログで月数十万単位のお金を稼ぐのは相当難しいのではないかというのが正直な感想です。

アクセス激減から5カ月後にカムバック、アクセス回復。今では月間ユーザー数が1万を突破しました。)

儲けを考えるならサイトの方が稼げるかも

ブログでアフィリエイトをするくらいなら、広告ありきのペラサイトを量産した方が、もしかしたら稼げる可能性は高いのかもしれません。(まぁそれも難しいのかもしれませんが)

今回のことで分かったのは、やはり、アフィリエイトで稼ぐなら、広告ありき、ユーザーありきでサイトを作らなければダメかも、ということです。

ブログの場合、個人が自由に記事を書いていきますが、よほどユーザーを引きつける何かがないと、無名の個人のブログで成功することは難しいかも。

上手くいっているブロガーの人は、「自分」を全面に出している人が多いので、一般的なアフィリエイトのやり方では、ブログは上手くいかないのかもしれません。

記事を書くにもユーザー目線が必要

また、ブログは毎日更新して記事を追加しても、人を集められるネタで記事を書かなければ、大量のPVを稼ぐブログ作りは結構難しいのではないかと思います。

ブログ自体、アクセスは集めやすいと思いますが、私のようにある日突然アクセスが急降下することもあるので、安定はしないかもしれません。

少なくとも、儲けを重視してアフィリエイトするなら、広告ありきでサイトを作っていく方が確実かも。ブログのように、PV数頼りで稼ごうとする方法はかなりハードルが高いように思いました。

とりあえず、ブログは自分のライフログとしてずっと更新していこうと思いますが、今後アフィリエイトサイトを作るなら、従来通り、広告重視+ユーザー視点で、サイトを作っていこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする