ワードプレスは更新が多すぎる

ワードプレスの更新通知

このブログのためにワードプレスを使い始めて約9ヶ月。大体の使い方、特徴が理解できるようになってきました。

HTMLのサイトとは違って、ネット環境さえあればどこでもサイトを更新できる手軽さや、デザインテンプレートの豊富さ、利用できるツールの便利さは、ワードプレスならでは。

ただ、個人的にはワードプレスやプラグインの更新が多すぎるのが面倒に感じます。

・記事を更新しようとワードプレスにログイン→「○○を更新してください」

という感じで、結構な頻度でワードプレスやプラグインの更新を求められます。

ワードプレスのバージョンやプラグインの更新を放置していると、何らかの不具合が出る可能性があるので、やはり利用するプラグインなどは、最新の状態するのが安心。

なので、ワードプレスでアフィリエイトするなら、いわゆる「放置系」のサイトを作るのは向いていないかも。ワードプレスの場合、頻繁に更新するブログのようなメディアが一番相性がいい気がします。

運用ツールの特性を考える

記事を投稿すれば、独自の機能(pingやrssなど)でブログを見てくれる人がいますので、ガツガツアクセスアップ対策をしなくても、記事投稿に労力を専念できます。

しかし、ブログを更新しないとダメで、まともにブログを運営していくなら、意識的に記事を追加していく必要があります(まぁ当然ですが)。

ブログを放置すれば、普通のサイト以上に影響が大きいように思うので、HTMLの情報サイトのように、「1度サイトが完成すればあとはメンテ」というような運用は、ワードプレスでは向いていないように思います。

アフィリエイトをするにも、やはり運営していくサイトの方法、目的を考えて、ワードプレスでやるのか、普通のHTMLサイトでやるのか、事前に考えておいた方がいいかもしれません。

・ページを作りこんだあとは更新を減らして運用していくサイトならHTMLサイト

・毎日更新していくつもりならワードプレス

という具合に、目的と計画に応じて、運営ツールを使い分けることで、将来に渡る不要な労力と手間を避けることができるかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする