アフィリエイトで稼ぎたいなら「今すぐ稼ぐ」を捨てた方がうまくいく

ドヤ顔マン

アフィリエイトで稼ぐためのアクセスアップ法として、

1・いわゆる王道。「ホワイトハットでやっていくべし」という考え方

2・「結果さえでれば何をやってもいい。裏SEOでも効果が出るならガンガンやるべし」という考え方

このような2つの道があります。

前者はきれいごとぽくって、あれですが、実際アフィリエイトで長く安定的に稼いでいこうとするのであれば、やはり小細工よりも王道。

SEO対策であくせくするよりも、見る人にとって本当に価値があるサイト作りをしていく方が、時間がかかりますが、努力は結果を裏切りません。

「結果は今すぐに出ない」をポジティブに考える

ただ、難しいのは、きちんとマジメにサイトを運営していても、それが適切に評価されるようになるまで、とてつもない時間がかかるという点です。

近年は、アフィリエイトの競争の激化で、ますます結果を出すのが時間がかかっている印象で、早くて1年。場合によっては3年。

努力が報われないように思える場合もあります。

そこで、手っ取り早く稼ごうとSEOを勉強して、いわゆるブラックハット的な方法に手を出す人もいますが、ビジネスの鉄則はシンプル。

早く成果が出る方法はすぐダメになる」という法則から逃れることができません。

この意味で、SEOのために小細工を弄すること。これらはまさに、長期的に見ればほとんど価値がない努力になります。

だからこそ思うのですが、結果を出すためにはやるべきことをやり続ける必要がある一方、その結果が出るには長い時間がかかる。

そこが結局は、アフィリエイトの悩みどころなのだと思います。

「続ける」という最強の努力

基本的に、良いサイトを作れれば、それに比例して、結果は時間とともについてきます。

最初アクセス0がずっと続いて、当然売上もゼロ。しかし、しっかりとした記事をコツコツ書き続け、サイトの規模を拡張していく。

それにともない、じわりじわり、現実が変わりだす。しかし、本当に長い時間がかかります。

今日最高の記事を書いても、それが評価されるのは1年後。もしかしたら3年後になるかもしれません。

だからこそ、アフィリエイトで稼ぐなら、常に長期的な視野を持っていたい。1年結果がでなくてもどうでもいい。

大切なのは3年後5年後10年後のこと。

そのために、今何をすべきなのか。常にそこを考えて、今日1日、やるべきことを続けていきたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする