儲かるページを作るために最低限試しておきたい3つのこと

当たり

アフィリエイトで儲けるためには、「売れるページ」を作ることが必要不可欠です。

アフィリエイト広告がクリックされるような文章、広告の配置、ページのレイアウトなど、そこには様々なノウハウがあります。

とはいえ、セールステクニックやキャッチコピーなどの難しい情報を知らなくても、最低限のポイントさえ押さえておけば、きちんと反応が上がります。

ポイントは次の3つです。

1・コンテンツは内容ありきで

コンテンツ数、記事数も必要かもしれませんが、これからのグーグルでは、適当に作ったページを増やしても意味はありません。

むしろ、質の低いページを量産していると、グーグルに「このサイトは低品質コンテンツを量産するダメサイトだ!」と判定される可能性があります。

自分の言葉で、オリジナルの情報などの付加価値を追加した、価値のあるページを作ることを意識して、コンテンツをサイトに追加していきます。1ページあたりの文字量は可能な限り多く、丁寧に記事を作成していきます。

○関連情報

グーグルが推奨する「良質なサイト」とは

2・ターゲットワードを設定する

コンテンツの質と同時に、ページの読者もイメージし、「どんな人にこのページを読んで欲しいのか」という点を、明確にしておきます。その上で、検索にヒットするキーワードをコンテンツ内に埋め込んでおきます。

また、アフィリエイトで穴場なのが、商品名+関連ワードからのアクセス。こちらは商品を買うこと前提でアクセスするユーザーが多いので、そこできちんと情報をユーザーに提供することができれば成約が見込めます。

例)

・商品名+特徴

・商品名+効果

・商品名+評判(もしくは「評価」)

・商品名+口コミ

読者層のイメージとあわせ、関連ワードを仕込んでおくこと。これによって、様々な方向からの集客が期待できます。

ただ、SEOの調整はそれなりに時間が必要です。検索エンジンでのターゲットワードはきちんと設定、1ヶ月単位で、きちんと効果を検証していきます。

3・セールスレターは楽天メソッドのように

アフィリエイターの仕事は、広告主のサイトへお客さんを送ること、すなわちユーザーにアフィリエイトリンクをクリックしてもらうことです。

そのためには、商品の良さ、特徴、ポイントなどを、じっくり説明して、「買いたい」「もっとその商品について知りたい」と思ってもらう必要があります。

ただ文字を書き連ねるだけでは不十分で、読者の興味を引くよう、レターを書く必要があります。

では、どうすれば読者の興味を引くレターを書けばいいか?売れるセールスレターを作るためには、いわゆる楽天メソッドが参考になります。

楽天メソッドとは、ともかく縦長のセールスレターのこと。

ともかく長い縦長のレイアウトのなかに、「これでもか!」というくらい、商品の良さやポイントを、大きな文字で書き連ねていくレターが特徴。「目立つコピー」や「派手なイラストor写真」が多用されています。

楽天市場でランキングなどをチェックしてみると、楽天メソッドのページがたくさん見つかります。ひたすらスクロールが必要なデザインです。)

このデザインは賛否両論がありますが、少なくとも広告の反応率という点では、とても有効な手法です。商品の魅力を分かりやすく伝えるための参考になります。

まとめると

ポイントは、コンテンツの質、検索エンジン、レイアウト、この3つのバランスを意識することが、儲かるページを作るためのコツです。

コンテンツに内容があるのは大前提で、今後ペラペラのページ、独自性のないページでは、アフィリエイトで儲けることは難しくなるでしょう。

しかし、内容があるページでも、検索エンジンからのアクセスを意識しておかないと、ユーザーに適切なアプローチができなくなります。

どんなユーザーからのアクセスを期待するのか、どんな言葉で検索エンジンにヒットさせればいいか、考えてページを作る必要があります。

最後に重要なのがページのレイアウトです。アフィリエイトリンクを貼った商品紹介ページは、やはりこってりたっぷり情報が詰まったページの方が有利です。

そのための例として、楽天メソッドに代表される、分かりやすい&目立つデザインを挙げました。

正直、楽天のあのデザインは見た目は「濃い」ですし、おしゃれでもありません。

しかし、縦長に長いセールスレターは、反応率がアップする傾向があります。あのページは侮れない緻密な計算で作成されています。学ぶところはたくさんあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする