成約率10%も可能。アフィリエイト 商品紹介レビューの書き方

実際、商品を紹介する文章の書き方を工夫することで、反応率はガラリと変わります。私がアフィリエイトしている商品の中でも、成約率5%の商品、成約率10%の案件がいくつもあります。

流行の商品を扱ったら成約率は20%にになったこともあります。)

ここでは、アフィリエイトで成果を出すための基本的な文章構成についてまとめています。

レビューの構成

アフィリエイトのレビューの書き方はいろいろあり、ジャンルによってレビューの構成等を工夫する必要があります。

ここでは、私がアフィリエイトしている広告で、コンバージョン平均9%、EPC300円の儲かっているページの文章構成をご紹介します。

まず、サイトの構成ですが、次のような感じです。

レビュー構成

1・キャッチコピー(H1タグ)

2・アフィリエイトリンク

3・商品の分かりやすい説明(50文字程度)

4・商品のスペック(価格、買うとついてくるものなど)

5・商品の独自性、注目するところ

6・商品のメリット

7・販売元の情報(有名人や「○○大教授」のような権威者が開発しているなら名前を記載)

8・特典情報など

9・商品のまとめ

10・アフィリエイトリンク

このような構成です。

実際の文字数だと、2,000文字~3,000文字です。基本的に文字数(情報量)は多ければ多いほど良いです。

アフィリエイト報酬の高い高額商品の場合、文字数が少ないとなかなか売れなくて、商品に関する情報は、出来る限り記載していきます。

以下、それぞれの項目を見ていきます。

キャッチコピー

まずはキャッチコピーで訪問者の注目を集めます。

ここで、「私には関係ない、興味ないな」と思われてしまうと次はありません。なので、キャッチコピーを書くときは、最大限注意を払います。

アフィリエイトリンク

私の場合、キャッチコピーの下にアフィリエイトリンクを設置しています。

商品名のテキストリンクです。キャッチコピーで商品に興味を持ってもらえれば、それだけでアフィリエイトリンクがクリックされ、ユーザーを広告主サイトに誘導することもできます。

商品の要約

「この商品を一言で言うことこんな商品です」という簡単な要約を書きます。

なぜ商品の簡単な要約を書いておくかというと、「なぜこの商品に注目する必要があるか?」(後述参照)ということを、ユーザーにアピールするためです。

商品のスペック

価格、商品に同封されているもの、広告主サイトに掲載されている商品の情報を記載しておきます。客観的な情報を記載し、商品の具体的なイメージをユーザーに伝えます。

商品の独自性を伝える

アフィリエイトレビューで大事なのがここ。商品の独自性を伝える文章作成です。

ユーザーは常に迷っています。

「その商品を買ったら、私はどう変わるのか?」

「詐欺じゃないか、お金のムダじゃないか?」

このような迷いのなか、商品を買うかどうか、その決め手の情報を探しています。

「なぜその商品が売れるのか?」という問いには次のような答えがあります。すなわち、「その商品を買う理由がある」ということです。

理由があるから人はお金を払って商品を書います。

その商品を買うことで得られる体験、話題性、理由はいろいろです。しかし、人がわざわざお金を払ってモノを買うには、それなりの動機というのがあるのです。

そこをきちんと文章化してユーザーに伝えることで、商品を購入するきっかけになるのです。

販売主の情報

「人は自分が知らない人よりも、知っている人から買いたがる」という心理学の話があります。

どんな人(会社)が商品を販売しているのか、分かりやすい説明を記載しておくことで、ユーザーに親近感や安心感を持ってことができます。

ちなみに、アフィリエイト広告のなかには、有名芸能人が宣伝しているものや、大学教授が開発に参加している商品があります。

有名人の名前や大学教授のことをサラッと書いておくと、レビューの信用度がアップしますので、必ず記載しておくことをオススメします。

購入者限定特典

購入者だけが利用できる特典があれば、記載しておきます。

その際、「限定」という文字を太字や赤字で強調しておきます。ユーザーに「使わないと損をする」と思ってもらえることが重要です。

商品のまとめ

最後に商品の簡単なまとめです。箇条書きで商品の特徴を列挙する程度でOK。煽ったりする必要は一切なく、淡々と商品のメリットなどを書いておきます。

締めのアフィリエイトリンク

最後にまたアフィリエイトリンク(商品名のテキストリンク)を貼っておきます。

ここでは、「興味がある方はこちらの公式サイトをご覧ください or 購入はこちら」など、一言でいいので、文言を加えておきます。

以上でレビューページは終了です。

文章は短文が基本

文を書く女

最後に、文章を書くときに知っておきたい文体の話です。レビューするときの文章は分かりやすく書くのが鉄則です。理想的なのは、小学生でも理解できるくらい、分かりやすい文章にすることです。

ジャンルによってはあえて難しい言葉を入れて書いた方が良い場合もあります。)

サイトのスタンスにもよりますが、話し言葉でも書き言葉でもどちらでもかまいません。

自分のキャラクターを全面に出していくサイトであるなら、話し言葉中心の文章に、個性を出さないサイトであるなら、書き言葉中心に、サイトのカラーに応じて、書き方を変えていきます。

余裕があるなら、自分のサイトの読者層を調査して、それに応じた文章を書いていくのがベスト。例えば、30代40代男性が読者層の固いビジネス関連のサイトに、絵文字や顔文字があったら、少し気持ち悪いですよね。

要はあなたのサイトのカラーに応じて、文体を変更しておけばOKということです。

最後に

以上がアフィリエイトで商品を紹介ページを書くときの方法と注意点になります。

売れるアフィリエイトページを書くためには、自分なりにレビューを書いてみて、結果に応じて修正していくことが欠かせません。

誰もが最初から売れる文章を書けるわけではないので、質よりも量を意識して、たくさんのアフィリエイト紹介レビューを書いていくのがいいと思います。

アフィリエイトリンクの位置や文言は、反応率に応じて調整していくことで、一番儲かる方法が見つかります。紹介文の試行錯誤とあわせ、データをとって、実験してみることをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする