原点回帰。広告ありきのサイトを立ち上げ

根性がありそうなビジネスマン

ここ1ヶ月、新規サイトを立ち上げ、また新しくサイトを作成しています。

今回は、A8で承認率とEPCを徹底調査、そこでいくつかの広告主とジャンルを厳選。広告ありきでサイトを作成しました。

やり方はこのような具合です。

【サイト立ち上げの方法】

1・A8で広告主を検索。

2・承認率とEPCをチェック。(こちらのページにジャンル別の広告主調査のイメージをまとめています。)

3・承認率が7割以上、もしくはEPCが100以上の広告が5つ以上確保できるジャンルを選定。

4・切り口を考え、そのジャンルのサイトを作成。

5・サイトをアップしたら、提携申請して広告を掲載、サイトの運営を開始。

今までは、教育や投資、テーマでアフィリエイトサイトを作成してきたのですが、毎度同じやり方だとつまらないですし、テーマ中心のサイト作成で何回か失敗をしてきました。

そこで、今回は、広告ありきでサイトを作成し、テーマや切り口重視でアフィリエイトをしてみることにしました。

サイトを立ち上げることで、いろいろ勉強になりますし、上手くいけば、複数の収入が確保できます。それによって、アフィリエイト収入が伸びるだけでなく、収入も安定します。

今回は、広告を売るための切り口にこだわってサイトを作ろうと思うので、ページ数にこだわらない、新しい方法が勉強できたらいいかなと思っています。

ページを増やす=見込み客を呼びこむ

個人的に、アフィリエイトサイトは記事数の多いサイトほど収入が安定すると考えています。

が、ページ数が多ければアクセスは安定するものの肝心の売上につながらない、そんな失敗を経験。実際に自分の経験から考えてみると、必ずしもページ数の多いサイトが成功するとは限らないことを実感します

ページ数が多ければ、ヒット率が上がるので、必ずしもページ量産がダメというわけではありません、念のため。)

ページ数はサイトを安定させる上で大切なのですが、ページ数を増やすことにこだわり過ぎても、失敗してしまいます。

アフィリエイトは広告を売ることが一番で、成果が出てこそ楽しくなります。

何のために記事を増やすのか、そこを勘違いしてページを量産、失敗してきたので、今回は、ページを増やすにしても、広告主のもとに誘導することを第一に、ページを増やし、切り口を考えて行こうと思っています。

ページを増やすことだけに意識が向くと、「アクセスは増えたが売上にならない・・・」という悲しい状況になってしまうことも。

ページを増やすにしても、

・何のためにページを増やすのか?

・どんな人にアクセスしてもらうために記事を書くのか?

・そのためにどんなキーワードで記事を書くのか?

この3点を曖昧にしてしまうと、ページ数だけが増えて売上にはつながりません

ここがアフィリエイトの難しいところですが、ユーザーの絞り方というか、売れるアクセスの集め方のノウハウを確立できれば、新規サイトを立ち上げるとき、効率的に稼ぐことができます。

個人的に、まだそのノウハウを体得していないので、新規サイトを立ち上げつつ、そのノウハウを経験を積んで取得していこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする