アフィリエイトは当たり前のことを突き詰めて稼ぐ

希望を見つめる

アフィリエイトで稼ぐためにはどうすればいいか?

「収入」という結果を出すにはどうすればいいか?

そのことを問いつつ、1000ページ以上の大規模サイトやブログ、ペラサイト、様々な方法でアフィリエイトに挑戦してきましたが、その経験で分かったことが1つあります。

それは、「当たり前のこと」を「当たり前のようにやることが一番」と言うことです。

積み重ね=未来への投資→将来の利益

アフィリエイトで儲ける。それを考えたとき、真っ先に探してしまうのが、儲ける秘訣だったり、誰も知らない特別な方法だったりします。

でも、アフィリエイトで稼ぐためには、裏ワザ、即効性のある秘術を求めるより、

・毎日サイトを更新する

・アクセス解析をこなし、どんなユーザーがアクセスしているか、サイトのニーズ、ユーザー層を分析してそれを次に生かす

こういった、地道な活動を続けていく方が、結局は1年2年3年、長い目で見ると、一番大切なことではないかなと感じています。

特に重要なのは、サイトを更新するという、実に当たり前のことです。

ブログなら毎日記事を書く。サイトなら古い記事を手直して最新情報に更新していく。もしくはキーワードを解析して新しい記事を追加していく。

地味で泥臭い作業ですが、やっぱり、こういう作業をコツコツこなしていくことで、ある時点でそれが結果という形になってきます。一晩で奇跡は起こらず、奇跡が起こるまで、長い夜がある。そんな感じでしょうか。

もちろん、頑張ったからといって全てが上手くいくことはないでしょう。

私も数えきれないくらいの失敗をし、作ったサイトでも、全然ダメなままのサイトがたくさんあります。でも、作ったサイトの一部が、大きく花開き、収穫をもたらしてくれます。なので、最後には結果オーライになります。

花はいつか咲く、種をまいて土壌を整えてあげれば

アフィリエイトの不思議なところは、結果はすぐには出ないものの、ある段階を経た時点で、急にそれまでの努力が報われ始めるところです。

種をまいてまいても一向に芽が出ない。しかし、それを気にせずやるべきことを淡々と続けていく。すると、あるときから自分がやってきたことが無意味でなかったことに気がつく。そんな印象です。

なので結局は、稼げるまでに諦めず止めず、試行錯誤を続け、コツコツ当たり前のことをやっていく。そういうことが大切なんだなと感じています。

稼ぎ方の形式は、しっかり作りこむorペラサイトorブログ、いろいろありますが、方法はどうであれ、コツコツ続けていくことが、結局は成功の一番の近道ではないでしょうか。

私の場合は、ペラサイトの実験もしましたが、やっぱり1つのサイトを作りこんでいくやり方の方が性に合っているらしく、今後はサイト数を絞って、記事を追加し、サイトの鮮度を保ったり、ずっと更新していける方向でアフィリエイトしていきます。

何せよ、続けていくことが一番なので、地道にコツコツ、やるべきことをやっていればそれでいいのかな、と思っています。そうすれば、上手くいったとき、それまでの努力がムダでなかったこと、意味があったことを実感できることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする