アフィリエイトは結果が全て。ASPのサポートに問い合わせても承認拒否の理由は教えてもらえない

ずっと掲載している某広告主。

以前は7~8割承認されていたのが、2017年に入って、承認率がダウン。3月~4月確定した分の承認率を確認するとなんと53%!

この案件は申し込みが成果発生ベースなので、申込みベースでそこまで承認率が下がるのはどういうことかとASPに問い合わせ。

返信が返ってきたものの、こりゃまた微妙な返事。

返信メール

ようは、「成果のキャンセル理由は教えられませんが、きちんと承認作業はやってますよ。だから文句言わないで下さいね」ということなんでしょうが、なんだかなぁ。

実際、うちのサイトからは獲得件数が増えた途端拒否率が増えたのは事実。

それなら「こういう理由でキャンセルしました」ということを教えてくれてもいいと思うのですが(そうすれば工夫のしがいもあります)、「拒否理由は教えることができません」で終了されては、とても残念な気がします。

結局信頼は数字で判断するしかない

それで、普通なら承認が下がった広告主は即ベンチに入れたいところなのですが、問題が1つ。この広告主の掲載は同業の広告が少ないため、この広告主しか金額的に稼げる広告主がないのが現状。

まぁ以前からそこに不安を感じてはいたものの、今回のように承認率が下がったときとか、結構影響が出ます。発生報酬30万くらいなのに承認されるのは15万ちょっとになっちゃいますからね。

一番理想は、やはり3つくらいの広告主を確保して、承認率やEPC等に応じて露出を調整していくのが一番なのですが、掲載できる広告が1つしかないと、やっぱり難しいなと思います。

まぁ借りに広告主の承認作業がちゃんとやっていたとしても、承認率が低い現実は変わらないので、どうしたもんかと検討しているのですが、幸い来月には同業の稼げそうな広告主と提携する予定なので、そこらへん、上手く調整できればいいなと思います。

何せよ、アフィリエイトは結果が全て。承認されない広告主より、きちんと承認される広告主を複数確保してこそ、アフィリエイト収入も安定するというもの。

承認率はアフィリエイターではどうにもならない要素。だからこそ、承認率はうるさいくらい、真剣にチェックしたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちょこミント より:

    はじめまして。
    私も本日同じASPより、メールが来ました。
    内容は以下のものです。

    ご掲載いただいている〇〇〇プログラムについて、
    12月における成果注文に一部システム不備があり
    アフィリエイト経由以外の注文も反映されておりました。

    そのため、該当の注文に関しましては
    拒否処理と致しますので本メールにてご報告させて頂きます。

    去年の10月頃からアフィリエイトを始めて、ようやく今月20万円を初めて超えたと
    思っていたところでの承認されていたものが2/3拒否になってしまいました。
    そこで同じような方がいないかと思い、検索していたところこちらのサイトを見つけて広告もそのASPにしかなく状況が同じだったのでコメントさせてもらいました。

    今月本当に頑張ったのと狙っていたものが予想道理、売り上げられたので喜んでいたところ詐欺にあったような気持ちです。
    当サイトのリファラーもあるのに、アフィリエイト経由以外の注文の意味がわからず、ショックすぎて途方に暮れています。

    はじめての6桁いけただけに、売れると拒否されてしまうのかと思ったら今後どうしようかと考えてしまいます。

    こういうことってよくあることなのでしょうか?
    お手すきな時にでもお話をお伺い出来たら嬉しいです。
    宜しくお願い致します。

    • 管理人 管理人 より:

      はじめまして。

      <ようやく今月20万円を初めて超えたと
      <思っていたところでの承認されていたものが2/3拒否になってしまいました。

      それはひどい話ですね!

      <今月本当に頑張ったのと狙っていたものが予想道理、
      <売り上げられたので喜んでいたところ詐欺にあったような気持ちです。

      実をいうと、チョコミントさんが経験された「詐欺にあったような気持ち」はきっと、アフィリエイトで稼げるようになった人なら、誰でも経験していることだと思います。

      それで、

      <こういうことってよくあることなのでしょうか?

      という話ですが、「広告主によっては」よくある話です。

      ハッキリ言うと、アフィリエイトは広告主次第です。成果が承認される広告主は、だいたい80%以上きちんと承認されます。でも、承認されない広告主は、30件売っても、全件普通に拒否されたりします。

      私の経験ですが、1件1万、それを月30件だして、30万の報酬を全件キャンセルされた経験があります。でも、なぜ成果が拒否されたのか、正確な話はアフィリエイターには分かりません。

      一応、継続的に稼ぐようになると、ASPの中の人から声がかかって、「担当」がつくようになります。それで、承認率が急激に悪くなった広告主とか、

      「最近、あの案件承認率悪くないですか?原因って何ですか?」

      と一声かけると、理由を教えてもらえたり、場合によっては、成果が補填(これも不思議な話ですが)される場合もあります。

      なので、残念ですが今回は、

      ・それまできちんと承認されていたら今回は様子見。今後も承認率がおかしいようであれば黒は黒。

      ・毎回承認率に疑わしいところがあれば露出を控える。

      という感じで、柔軟に対応してみてはどうでしょうか。

      そして、どの広告主の成果が承認されやすくて、どの広告主の成果が承認されにくいのか、きちんとデータを取って、その実績に応じて、露出度等を調整していくといいと思います。

      ちなみに、ASPはA8あたりをつかっておけば、稼ぐほど最初から、「承認されない稼げない地雷広告主」が提携前から分かるようになります。

      まぁ成果が拒否されてしまうのは、広告主の立場からいろんな理由があるのかもしれません。しかし、成果報酬で頑張っている私たちアフィリエイターにとっては結果がすべて。拒否はどんな理由があったとしても拒否。1円にもなりません。

      なので、もしちょこミントさんが今回の件について不信感を抱かれたなら、その感覚を大切してみることをおすすめします。

      今回は非常に悔しいと思いますが、今後2度と、承認されない広告は最初から掲載していけるよう、アフィリエイトの方向性を調整していくのがいいと思います。